背中の正しい洗い方とケアで、ベタベタした汗&背中ニキビ予防を!

背中の正しい洗い方とケアで、ベタベタした汗&背中ニキビ予防を!

背中は手が届きにくく自分の目で確かめられない部分であるため、ケアするのが大変ですよね。背中はべたついた汗をかきやすく、背中ニキビができやすいと言われています。正しい背中の洗い方を身につけて、つるつるの背中を手に入れましょう。

背中をゴシゴシ洗いすぎると、ベタつき汗の原因に?

普段、バスタイムでブラシなどを使って背中をゴシゴシ洗っていませんか?強い力で洗ったり、硬いタオルやブラシで摩擦を加えるように洗うと、肌に必要な潤いまで奪ってしまい、背中が乾燥してベタついた皮脂の分泌を促すと言われています。

顔のしっかり洗顔でも、皮脂が流れ落ちてサッパリする一方で、過剰に皮脂が出てテカりが気になったという経験はありませんか。背中も顔と同様に洗いすぎやゴシゴシ洗いを避けて、丁寧に洗うことが大切です。

背中ニキビを防ぐ、バスタイムでの背中の洗い方

背中を洗うときには、過剰に擦り洗いをせずに、たっぷりの泡で包み込むように行うのが基本。まずは、ぬるま湯で背中をしっかり洗い流しておきます。ボディソープや石けんを使わずにシャワーをかけるだけで、汗や皮脂をある程度落とすことができると言われています。普段何気なくシャワーで背中を流している方は、時間をかけて洗い流してみてくださいね。

そして、洗顔するときのようにボディソープや石鹸をたっぷり泡立てて、手のひらで撫でるように洗っていきます。ゴシゴシ擦らなくても、手のひらで撫でるだけで汚れが落ちますよ。手が届かない部分は、綿でできた柔らかいタオルを使って摩擦を加えないように優しく丁寧に洗いましょう。

背中を洗い終えたらタオルで水分を拭き取り、 ビタミンC誘導体が含まれた化粧水を背中全体に行き渡らせ、潤いを与えるニキビ予防を行うことをおすすめします。顔に使っている化粧水をスプレーボトルに入れ替えておくと、届きにくい背中にも吹きかけることができますよ。

日中の汗予防もしっかり行い、つるつるすべすべの背中に

しっかり背中を洗っても、日中の汗を止めることはできません。吸水性や速乾性に優れたインナーを着けたり、日中は背中に汗をかいたらこまめに拭き取り、着替えるなどして清潔な状態を保ちましょう。怠りがちな背中のケアをしっかり行って、ニキビのできにくいつるつる背中を手に入れてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事