髪の毛に紫外線を浴びてしまったあとは、あるケアが欠かせない!

髪の毛に紫外線を浴びてしまったあとは、あるケアが欠かせない!

髪の毛や頭皮は帽子を被らないと常に露出しており、紫外線がダイレクトに降り注ぎやすい部分です。髪の毛に紫外線が降り注いだあとは枝毛や切れ毛、退色などが起こる可能性があるため、アフターケアをしっかり行ってあげましょう。

紫外線が髪の毛に降り注いだらどうなる?

髪の毛や頭皮は顔の2倍以上ほどの紫外線を浴びていると言われています。紫外線は肌に悪影響をもたらすだけでなく、髪の毛の表面を保護しているキューティクルが剥がれて枝毛や切れ毛を引き起こす場合があります。また、メラニン色素を破壊して髪の毛の色が抜けやすくなることもあります。

紫外線を浴びたあとは髪の毛を労わるアフターケアを

紫外線が髪の毛に降り注いでしまったと感じたときは、速やかにアフターケアをすることが大切です。

まず、頭皮が赤くヒリヒリしている場合は、冷水を入れたビニール袋や冷たいシャワーを頭皮に当てて冷やします。クールダウンさせたら、頭皮に負担をかけないように、ブラッシングやシャンプーはいつも以上に丁寧に行いましょう。

紫外線を浴びた髪の毛に強い力でブラッシングするのはNG。粗めのくしでほこりや汚れを軽く取り除いたら、ぬるま湯でしっかり洗い流しておきます。シャンプーはダメージケアに特化しているものや、洗浄力がマイルドなものを使って擦らず優しく洗いましょう。

トリートメントは毛先中心に塗布して、蒸しタオルやシャンプーキャップを被って蒸気で浸透力を高めるといいですね。ブローするときには、洗い流さないトリートメントを付けて髪の毛を保護するのも忘れずに。

また、外出前に髪の毛や頭皮の紫外線対策が欠かせません。日焼け止めスプレーやUVカット効果が期待できるオイルやトリートメント、帽子や日傘などを活用して、紫外線から髪の毛を守ってあげましょう。帽子を被るときは毛先をまとめて紫外線に当たる面積を減らすとより効果的です。

髪の毛に紫外線を浴びたら速やかなヘアケアが大切

顔や身体の紫外線対策を念入りにしていても、髪の毛や頭皮の紫外線対策は忘れてしまいがちです。枝毛や抜け毛、退色などを防いで美しい髪の毛をキープするためにも、紫外線対策とアフターケアに力を入れてみてはいかがでしょうか。 

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事