白髪は生える場所によって原因が違うって本当?白髪のケア方法

白髪は生える場所によって原因が違うって本当?白髪のケア方法

最近では20〜30代の若い女性でも安心できない「若白髪」。白髪の原因は主にストレスや生活習慣の乱れというイメージが強いかもしれませんが、生える場所によって原因が異なると同時に体にどんな不調を起こしているのかわかると言われているんです。

白髪は場所によって原因が違うの?

部分的に集中して白髪が生えている場合、もしかすると病気のサインかもしれません!健康的な体を維持するためにも具体的な原因について理解しておきましょう。

<つむじ前頭部>つむじ前頭部に白髪が生える場合、心臓や肺の不調を起こしている可能性があるそうです。

<頭頂部>肝臓や腎臓、胃などの消化器系が弱っている証拠と言われています。暴飲暴食には注意し、冷たいものはできるだけ控えるようにしましょう。

<後頭部>ホルモンバランスが乱れている可能性があると言われています。自分では発見しづらい場所なので鏡に映したり、定期的に家族にチェックしてもらうことをおすすめします。

<こめかみ>こめかみに白髪が生える場合、眼精疲労が考えられるそう。PCやスマホを普段から長時間使用している方は注意しましょう。

<耳周り>虫歯や歯槽膿漏など口内環境の問題を起こしている場合が多いと言われています。

白髪予防に役立つおすすめの対策について

白髪を予防するにはストレスを減らしたり、食生活に注意するなど様々な対策があると言われていますが、なかでも簡単かつ有効と言われているのが睡眠スケジュールを見直すという方法です。

<白髪予防に役立つ睡眠のとり方>
成長ホルモンの分泌が活発化する夜22時〜午前2時までには熟睡することが大切と言われています。睡眠の質を高めるためには、寝る1時間前にTVやパソコン・スマートフォンの使用は控えるようにしてください。また、部屋を暗くして寝ることで睡眠ホルモンの一種「メラトニン」を活性化させる効果が期待できます。

場所別でわかると言われている白髪の原因についてピックアップさせて頂きました!白髪が増えることは必ずしも病気というわけではなく、遺伝や加齢が原因である可能性も考えられます。ただ、あまりにも体の不調が続いている場合は一度専門の医師に診てもらうようにしましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
関連キーワード

関連記事