目の下のたるみを解消!今すぐできる顔ヨガトレーニングを解説

目の下のたるみを解消!今すぐできる顔ヨガトレーニングを解説

目の下のたるみを解消してクマや目元の印象を改善しましょう。 目元のたるみは顔ヨガでスッキリ!顔のシワやたるみを簡単に撃退できる、今人気の顔ヨガを特集!顔のシワやたるみを簡単に撃退できる今人気の顔ヨガの方法をレクチャーします。

顔のシワやたるみを簡単に撃退できる、今人気の顔ヨガを特集! 今週は、女性なら誰でも気になる、目元の老化にアプローチ。エクササイズに入る前に、まず目元の筋力をチェックしてみましょう。

おでこのシワを解消して、スッキリしたデカ目に!

おでこロックで目ワイパー

  • 額や眉毛に力が入らないように、おでこを手で抑えて、目をぱっちり大きく開く。
  • 黒目だけで右上を見て、そのまま5秒かけてゆっくりと黒目を上から左に動かす。
  • 今度は上を通って右へ、同じく5秒かけてゆっくり動かす。これを2〜3往復繰り返す。
  • この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

顔ヨガの効果をアップさせるコツ

なりたい顔をイメージする

顔ヨガは慣れると、筋肉をどう動かせばいいかが明確にわかってきます。そのため、「目はこれくらいの大きさで、頬はこう上がって、フェイスラインはこういう形で・・・」と、目標を細かく設定すると、その形に近づけていくことができます。自分の今の顔がどうであれ、気にする必要はありません。自分の理想の顔を自由に追求しましょう。

使う筋肉を意識する

顔ヨガのエクササイズはそれぞれ、鍛える筋肉がはっきり決まっています。そのため、顔は何となく動かすのではなく、その筋肉をしっかり意識しましょう。それだけで、筋トレの効率が上がって早く効果が出るだけでなく、他のパーツへの余計な力が抜けて、シワの解消にもつながります。

左右対称を意識する

人は左右どちらか、使いやすい方の筋肉を多く使う傾向があります。それによって歪みが生じた顔は、相手にマイナスのイメージを与えてしまうこともあります。顔ヨガでは必ず鏡を見て、平等に筋肉を動かし、左右対称な美しい顔をつくっていきましょう。