唇もシミができやすい?その原因とシミを予防するリップケアとは!

唇もシミができやすい?その原因とシミを予防するリップケアとは!

リップメイクを落とした唇を見ると、シミができていたという経験はありませんか?唇は紫外線対策を忘れがちな部分でシミやくすみができやすいと言われています。唇のシミの原因を知りつつ、シミを予防するリップケアでお手入れをしていきましょう。

唇にシミができる原因は紫外線だけじゃない!

唇のシミは紫外線によるものだけでなく、クレンジングでオフしきれなかったリップメイクの蓄積、摩擦も原因だと言われています。

元々唇には皮脂腺がなく、外部からの刺激に弱いのが特徴なので、紫外線によるダメージをダイレクトに受けやすいパーツです。顔や身体は日焼け止めクリームで紫外線対策をしていても、唇には日焼け止めクリームを塗ることができないため、紫外線対策を忘れてしまいがちに。

また、落ちにくい口紅やティントなどのリップメイクをしていると、クレンジングをしてもきちんと落ちきれていない場合があります。色素が唇に残ったままだと、紫外線と反応し酸化することでシミやくすみの原因になってしまいます。

そして、ティッシュやハンカチで唇を強く拭ったり、拭き取りクレンジングを使ってゴシゴシリップメイクを落としている方は、知らないうちに唇に摩擦を与えている可能性があります。摩擦による負担が蓄積されると、シミの元であるメラニン色素が生成されて色素沈着やシミにつながる場合があるので気をつけたいところです。

唇のシミ対策に欠かせないリップケア方法

唇にシミを作らないために大切なのは「紫外線対策」「丁寧なクレンジング」「保湿ケア」です。

口紅やティントなどのリップメイクをする前に、日焼け止め効果のあるリップクリームやリップ下地をしっかり塗っておきましょう。日中もこまめに塗り直して、紫外線対策をすることが重要です。

また、帰宅したらできるだけ早くリップメイクをポイントリムーバーで、擦らず丁寧に落としてくださいね。唇の輪郭や縦じわはポイントリムーバーを含ませた柔らかい綿棒を使うといいでしょう。週に1〜2回はリップスクラブをして、古い角質を取り除くのも効果的です。

そして、リップメイクを落としたら、すぐにワセリンやはちみつ、保湿力の高いリップクリームを塗り込んでラップを貼り、唇に潤いをチャージ。保湿ケアをするときも摩擦を与えないように優しく丁寧に行ってくださいね。

毎日のシミ対策でぷるんとした弾力唇へ!

唇にもシミができやすいため、毎日のお手入れでシミを予防してあげることが大切です。紫外線対策、クレンジング、保湿ケアの3ステップでくすみやシミのない、ぷるぷるの唇を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事