スーパーフード「キヌア」や「チアシード」の簡単使用方法・保存方法

スーパーフード「キヌア」や「チアシード」の簡単使用方法・保存方法

「キヌア」や「チアシード」を食生活に摂り入れてみたいけど、どう使ったら良いのかわからない方や、すぐに辞めてしまった方に簡単な使い方と保存の仕方をご紹介します。美容効果の高いスーパーフードを毎日の食事に摂り入れましょう。

「キヌア」や「チアシード」がスーパーフードと呼ばれる理由

近年、スーパーフードの名前で話題になっている「キヌア」や「チアシード」ですが、どのような特徴があるのかご存知ですか?

「キヌア」は低糖質で高タンパクなのでダイエットに◎。「チアシード」はオメガ3を含み食物繊維も豊富なので、便秘や肌荒れの改善に役立つと言われています。どちらにもアンチエイジングの効果を期待できる抗酸化作用が含まれているのもスーパーフードと呼ばれる所以です。

スーパーやドラッグストアでも手に入るようになりましたが、日本人に馴染みがある食材ではないので、いまいち使い方が分かりにくいところもありますよね。

「使ってみたいけど、なんだか面倒くさそう」「買ってみたけど続かなかった」なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで、今回は簡単な使い方や保存の仕方をご紹介いたします。

「キヌア」や「チアシード」の使い方・保存の仕方

毎回キヌアを使う分だけお鍋で戻していると大変なので、一気に炊飯器で炊き、冷凍保存する方法が日常使いに便利です。

【キヌアの使用・保存方法とは】

<炊き方>
キヌア150gをお米を洗うように研ぎ、炊飯器に入れ、水を2合分よりも少し少なめに入れて炊く。水分はお好みで調節してくださいね。

<保存法>
炊き上がったキヌアを冷まし、ジップロックなどに入れ冷凍保存する。キヌアはパラパラなので冷凍保存してもすぐに使えます。

<食べ方>
・白米の代わりや白米と一緒に食べる。
・サラダにトッピングする。
食べにくい場合はカレーやリゾットに入れると◎
一方、チアシードは水で戻すだけでOK!

【チアシードの使用・保存方法とは】

<戻し方>
深さのある保存容器にチアシード30gと水450mlを注ぎ一晩つけておく。

<保存法>
チアシードが浸水したら冷蔵庫で保存し3日で使い切る。作りすぎないように気をつけましょう。

<食べ方>
1日10gが摂取の目安量だそうです。
・ヨーグルト、飲み物、スープに入れる。
・酢の物、納豆などにトッピングする。
ぷるぷるの食感なので、タピオカや海藻、こんにゃくなどの代わりに使えます。

いかがでしたか?「キヌア」も「チアシード」の使い方も保存方法もそれほど難しくはありませんね。また、この食材自体に味があるわけではないので、様々なお料理と合いそうですから、ぜひ挑戦してみてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事