【人気の最新アイライナー】描きやすくてもちのいいおすすめはどれ?!

【人気の最新アイライナー】描きやすくてもちのいいおすすめはどれ?!

インサイドに入れてさりげなく強さを出すにも、くっきり描いて存在感を出すにも、優秀ライナーがなくては始まらない。汗や皮脂に強いか、描き心地はなめらかなのか。思い通りのラインが描ける、ベストな一本を探そう!

比べたのはこの10本!

01.エクセル

エクセル カラーラスティング ジェルライナー CG01 ¥1200/常盤薬品工業
濃厚発色でとろけるような描き心地。繰り戻しができるところも優秀!

02.キッカ

キッカ リキッドアイライナー W 01 ¥4500/カネボウ化粧品
まるでまつ毛エクステをしたかのような、存在感のある目もとに仕上がる。

03.キャンメイク

キャンメイク クリーミータッチライナー 01 ¥650/井田ラボラトリーズ
とてもやわらかい芯なので、1mmほどを繰り出して優しく使うのが正解。

04.ケイト

ケイト レアフィットジェルペンシル  BK-1 ¥1100(編集部調べ)/カネボウ化粧品
まぶたに触れると、なめらかでとろけるようなつけ心地。この感触はスゴイ。

05.コフレドール

コフレドール フレーミングリキッドアイライナー BK-36 ¥2500(編集部調べ)/カネボウ化粧品
長短混毛のしなやかな筆先で、太くも細くも自在。美しい仕上がりを約束!

06.シャネル

シャネル シニャチュール ドゥ シャネル 10 ¥4300
平筆タイプのリキッドライナー。水や皮脂に強く、美ラインもラクラク。

07.デジャヴュ

デジャヴュ ラスティンファインa クリームペンシル リアルブラック ¥1200/イミュ
芯の幅は1.5mmだけど、肌に触れる部分は0.65mmという楕円芯を採用。

08.ヒロインメイク

ヒロインメイク ロングステイ シャープジェル ライナー 01 ¥1000/KISSME(伊勢半)
ヒアルロン酸やコラーゲンなどの美容液成分配合で、メイクしながらケア。

09.ファシオ

ファシオ パワフルステイ スリム リキッドライナー BK001 ¥1200/コーセーコスメニエンス
ナチュラルラインもハネ上げラインも、スルスルとなめらかに描けるリキッド。

10.メイベリン

メイベリン ハイパータイト ライナー BK-1 ¥1200/メイベリン ニューヨーク
1500日以上の研究と開発によって生まれた、人間工学に基づいた最強の一本。

こちらもチェック!
【実験VOCE】メイク持ちと乾燥に強いパウダーファンデーションってあるの?

【TEST1】先端の形状は?

仕上がりを左右する大事なポイントといえば、先端の形状。ラインを引くときをイメージしつつ、太さや芯の形状をしっかりチェックして、描きやすいかどうかを確認。

01.エクセル

繰り出しタイプのペンシル。芯は細めの真円だ。

02.キッカ

筆ペンリキッド。片方は太筆でもう一方は短筆。

03.キャンメイク

一度出した芯が戻らないタイプの繰り出し丸芯。

04.ケイト

細めの丸芯で、出したら戻らないジェルペンシル。

05.コフレドール

細すぎず太すぎずの筆ペンタイプのリキッド。

06.シャネル

先細りの筆ペン。上から見ると根元は平たく楕円。

07.デジャヴュ

繰り出し式のペンシルで、芯は10品中唯一の楕円。

08.ヒロインメイク

繰り出したら戻らないタイプの、細めの丸芯。

09.ファシオ

筆先に適度に液を含んだ筆ペンタイプのリキッド。

10.メイベリン

長めのフェルトペンタイプ。形も特徴的だ。

【TEST2】均一に描ける?

アイライナーを固定し、下に敷いた紙だけを動かして線を引き、そのときの線の状態を確認する。ラインはかすれずに最後まで描けるか、ムラになったりしないかをチェック。

かすれることなくラインを描けるのは01.エクセル、02.キッカ、05.コフレドール、06.シャネル、07.デジャヴュ、09.ファシオ、10.メイベリンの7本。03.キャンメイクや04.ケイトは引き始めは濃く太いのだが、芯がとてもやわらかいせいか、くずれるようにかたまりになってついてしまう。そのため減りが早くなってかすれてしまうようだ。08.ヒロインメイクは引き始めが太くしっかりしたライン。薄れてくるが03や04よりも芯は硬めで、最後まで引ける。

【TEST3】細部まで描きやすい?

紙にアイライナーで目のイラストを描き、線の太さなどを観察する。ハネやカーブをかすれずヨレずに描けるかどうかは、仕上がりに影響する重要ポイント。しっかり見ていこう。

01.エクセル

太い線が素早く描けるが、太さの調節はやや難しく、濃淡も出る。

02.キッカ

短筆:細くてくっきりした線に。長筆:調節しやすく、くっきりラインに。

03.キャンメイク

太さの調節はしにくく、一度描けば太く濃いはっきりした線になる。

04.ケイト

隙間がつぶれがち。はっきりとした線になるが、芯がくずれやすい。

05.コフレドール

くっきりした細い線が描けて太さの調節もラクラク。やや淡い発色。

06.シャネル

線の太さ調節もしやすく、太い線も細い線も無理なくくっきり描ける。

07.デジャヴュ

太い線が素早く描けるが、調節はやや難しい。濃淡も出やすい。

08.ヒロインメイク

細さの調節がしにくく、はっきり太い線に。芯がくずれやすいタイプ。

09.ファシオ

くっきりした細い線に。太さの調節はしやすいが、濃淡も出やすい。

10.メイベリン

太さの調節はしやすく、どんな線も思いのまま。でもハネは難しそう。

【TEST4】乾く早さは?

肌にラインを描き、綿棒で触れて色がつかなくなるまでの時間を計測。ペンシルは時間が経ってもこすると色が付着してしまうので、その点は考慮しよう。

01.エクセル、03.キャンメイク、04.ケイト、07.デジャヴュ、08.ヒロインメイクは繰り出し式のペンシルで0秒だが、綿棒で触れるといつまでも色が付着。その性質上、仕方がないのかも。リキッド勢でもっとも乾きが早いのは10.メイベリン、そして05.コフレドールが続く。02.キッカと06.シャネルはやや時間がかかるので注意。

耐水性テストや総合評価は近日公開予定!

撮影/石田健一(実験)、木村元明(静物) 実験/エフシージー総合研究所 取材・文/穴沢玲子 構成/佐野桐子

関連キーワード

関連記事