日本の伝統食・梅干しパワーで健康美人に!その効果とおすすめレシピ

日本の伝統食・梅干しパワーで健康美人に!その効果とおすすめレシピ

梅干しは夏バテ予防や、二日酔いを和らげるなど様々な働きがあることから、日本人の間で長年愛されている食材の一つです。しかしそれだけでなく、アンチエイジングや便秘解消も助けてくれる美容フードでもあるのです。今回はその梅干しについてご紹介です!

梅干しにはどんな美容・健康効果が期待できるの?

梅干しは塩分が高いから…と敬遠している方も多いかと思います。しかし、現在では7〜15%程度のものがほとんど。梅干しの大きさに差があるものの、1〜2個程度であれば塩分の摂りすぎをさほど心配しなくてよいでしょう。梅干しには下記のような様々な美容・健康効果が期待できますので、是非上手に活用してください。

【梅干しに期待できる美容・健康効果とは】

<アンチエイジング>
活性酸素の発生を抑える強力な抗酸化物質「フラボノイド」が含まれているため、日常的に摂取することでシワ・しみなどの肌トラブルを防ぎやすくなります。また、梅干しを食べたり見ることでたくさん出てくる唾液には新陳代謝を活発にし、肌の健康維持に役立つパロチンと呼ばれる成長ホルモンが含まれてるそうです。

<ダイエット>
梅干しに含まれるクエン酸には、体内に取り込まれた栄養素を効率よくエネルギーに変換し、余分な脂肪分の蓄積を抑える働きがあります。

<便秘解消>
梅干しに含まれているクエン酸・リンゴ酸などの有機酸には整腸作用があることから、腸内で悪玉菌が繁殖するのを抑え、蠕動運動を促し便秘の改善をサポートします。

梅干しを使ったおすすめの美容レシピ〜梅酸辣湯麺の作り方〜

梅干しを使ったおすすめの美容レシピ「春雨入り梅酸辣湯」です。お酢を使用せず梅肉の酸味で、深いコクのあるスープに仕上げました!

【春雨入り梅酸辣湯の作り方】
<材料(2人分)>
・春雨 30g
・海老 40g
・絹ごし豆腐 50g
・干し椎茸 1枚
・きくらげ 1枚
・筍(水煮)50g
・卵 1個
・梅肉 30g
・豆板醤 小さじ1
・鶏がらスープの素 小さじ1杯半
・醤油 大さじ2
・塩胡椒 適量
・紹興酒 大さじ1/2
・片栗粉 適量
・ごま油 適量
・ラー油 お好みの量

<作り方>
1.筍・絹ごし豆腐は2〜3幅の拍子切り、海老は1cm角にカットしましょう。
2.水で戻した干し椎茸ときくらげを細切りにし、戻し汁は取っておきます。
3.中華鍋にごま油をひき、豆板醤を加えます。香りが立ってきたら紹興酒を入れてアルコールを飛ばしましょう。
4.戻し汁+水で600mlになるよう3に加えます。
5.1と2の具材を中華鍋に加え、中弱火で5分ほど煮込んでいきます。
6.アクをとり、塩胡椒・鶏がらスープの素・梅肉・醤油を入れ水溶き片栗粉でとろみをつけす。
7.溶き卵を6に加え、固まってきたら菜箸でふんわりかき混ぜます。
8器に茹でた春雨を入れ、7のスープを加えます。
9.お好みでラー油をかけて完成です。

いかがでしたか?梅干しが長い間愛される理由がわかりますね。改めて梅干しの良さを見直された方もいるのではないでしょうか。是非取り入れてくださいね!

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事