女性ホルモンが関係するお肌のプチ不調!正しい改善法5選のご紹介

女性ホルモンが関係するお肌のプチ不調!正しい改善法5選のご紹介

生理前はホルモン分泌量の変動により不調を感じやすくなります。しかし「いつものことだから」と放置するのはあまりおすすめできません。イライラや便秘、肌トラブルを促進する原因にもなりますので、不調を感じたら正しい改善法で乗り切りましょう!

女性ホルモンが関係するお肌のプチ不調について

女性ホルモンのバランスが崩れることで一体どのような肌トラブルを引き起こすのでしょうか?その原因と改善法についてチェックしていきましょう!

【女性ホルモンが関係するお肌のプチ不調と改善法】
<シミ>
エストロゲンの分泌が低下すると、肌の新陳代謝も低下し、メラニン色素をスムーズに追い出すことができず、シミができやすい状態になります。できるだけストレスを溜めないよう心がけ、肌のターンオーバーを促すビタミンCサプリなどを有効活用するようにしましょう。

<乾燥肌>
エストロゲンの分泌が低下すると、肌の潤いや弾力が失われてしまうそうです。そのため、肌が乾燥してカサつき、かゆみが出たりすることも。洗顔は優しく行い、保湿作用が高い化粧品を取り入れることをおすすめします。

<吹き出もの>
プロゲステロンが多く分泌される月経前は、皮脂の分泌量が盛んになり、頬や口周りに吹き出物できやすくなります。食事内容の見直しを行い、7〜8時間以上睡眠をしっかりとるようにしましょう。

<シワやたるみ>
エストロゲンの減少のほか、紫外線・肌の乾燥などが積み重なると肌の弾力が落ちてたるみ、年齢を重ねると深いシワになってしまうそう。普段からUVケアをしっかり行うと同時に、フェイストレーニングによって顔の筋肉をしっかり動かすようにしましょう。

【事前予測で体調の変化を乗り切る!】
基礎体温を測るようにすると、ホルモンバランスの影響による体調不良の時期がわかるように。時期を事前に把握することで、気持ちが楽になると同時に、ダイエットの計画を立てる時にも役立つので、毎日の習慣として取り入れることもおすすめです。

女性ホルモンのバランスを整えるおすすめの美容レシピ

食事の工夫も女性ホルモンによる体調の変化に働きかけます。ここでは、野菜が苦手な女性も食べやすい美容レシピ、「豆乳クリーミースープ」の作り方をご紹介します。

このレシピに使うモロヘイヤに含まれる抗酸化成分「ビタミンE」にはエストロゲンをはじめとした様々な女性ホルモンのバランス調整に関係しているそうです。

【とりささ身とモロヘイヤの豆乳クリーミースープ】
<材料>
・とりささ身 1本
・モロヘイヤ 1/2束
・固形コンソメ 1個
・玉ねぎ 1/6個
・水 200cc
・豆乳 100cc
・ミニトマト 2〜3個
・塩胡椒 適量

<作り方>
1.玉ねぎは横に薄切り、とりささ身は筋を取り除き、そぎ切りにします。
2.モロヘイヤは葉先を茹で、細かく刻みます。
3.鍋に水とコンソメを入れ、火にかけます。沸騰してきたらとりささ身・玉ねぎを加えます。
4.とりささ身に火が通ったらモロヘイヤ・豆乳を加えて中弱火で軽く煮込み、適量の塩胡椒で味を整えます。
5.器にスープを盛り、みじん切りにしたミニトマトを飾り付けて完成です。

いかがでしたか?肌トラブルがなかなか治らない…と悩んでいる場合、もしかするとホルモンバランスの影響かもしれません。ご紹介した改善法やレシピでプチ不調を乗り切りましょう。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事