今すぐできる!緑茶を飲んで口臭予防!その作用と効果的な飲み方

今すぐできる!緑茶を飲んで口臭予防!その作用と効果的な飲み方

自分ではなかなか気付きにくい「口臭」。周りの人へのエチケットとしても、気を付けたいですよね。日本人に馴染み深い「緑茶」には、口臭予防効果があると言われています。その理由や緑茶の成分、また、飲み方の注意点などをご紹介します。

口臭を防げる!? 緑茶にはどんな作用があるの?

昔から日本人にとって馴染み深い存在である「緑茶」。消臭効果があることはよく知られていますが「口臭」にも効果があると言われています。

口臭は、人の口内に存在する無数の細菌が、食べ物のカスや剥がれ落ちた粘膜細胞などを分解する際に、悪臭成分を発生させることが原因でおこります。

そして、緑茶のカテキンには、強い抗菌・殺菌作用・抗酸化作用があると言われており、緑茶を摂取することで、口内の細菌を減らす働きをするため、口臭予防効果があるとされています。

また、緑茶には「葉緑素(クロロフィル)」という植物に含まれる色素があり、葉緑素には唾液の分泌を促す働きがあります。唾液には、口内の洗浄・殺菌効果があるので、口臭予防にも効果的です。

緑茶の口臭予防効果を高める飲み方と注意点

口臭予防に効果のある「緑茶」は正しい飲み方をすることで効果が期待できます。ここでは、飲み方のポイントと注意点をお伝えします。

【口臭予防効果を高める緑茶の飲み方】

<ペットボトルより急須で煎れた緑茶>
口臭予防効果を期待するなら、急須で煎れたものがオススメ。ペットボトルの緑茶は手軽に手に入りますが、急須で煎れた緑茶の方がカテキン量が多いとされています。

<少しずつ飲む>
一気にたくさん飲むのではなく、少しずつ口に含むように飲むことで、効果的に口内の抗菌・殺菌効果が出来ると言われています。唾液の分泌を防ぎ、口内の乾燥を防ぐ為にも、口が渇いたかな...位のタイミングで、飲むようにするのがオススメです。

<「緑茶うがい」も効果的>
飲む以外にも、緑茶うがいという方法もあります。
(1)緑茶を口に含み、口の中をゆすぐ
(2)一度、口に含んだ緑茶を吐き出す
(3)再び、緑茶を口に含み、うがいをする
(4)緑茶を吐き出し、最後に水で口をゆすぐ
うがいの場合は、粉末の緑茶でも効果が期待できます。

【注意点】
緑茶の飲み過ぎや、極端に濃い緑茶は、逆効果になる可能性もあるそうです。緑茶にはカフェインが含まれているので、利尿作用があり、その影響で唾液の分泌が抑制されることがあるとも言われています。また、ネバネバとした粘液性の唾液を活発に分泌させることから、逆に口臭の原因となってしまうこともあるそうです。

特に次のような状態の場合は注意が必要です。
・喉が極端に乾いた状態の時
・ドライマウスの方

いかがでしたか?適度な緑茶の飲み方を心得て、口臭予防に役立てたいですね!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事