ボサボサ眉が褒められ眉になるまで

ボサボサ眉が褒められ眉になるまで


【Fromエディターズ】「ねぇちょっと眉、いい感じじゃない? 今すっごくいいと思うわ~」と、某人気ヘアメイクのOさん。1年以上ぶりにお会いして、眉を褒めていただきました。私、何を隠そう、Oさんに「うぶ毛は抜いちゃダメよお」って言われてから、ずっと眉毛の手入れしてないんです。

ちなみにそのときにしていた眉マスカラが写真のもの。ジルスチュアート
ムースブロウマスカラ(6月1日限定発売)は、今夏の限定アイテムになります。絶妙なピンク系、グリーン系のカラーで髪色や気分に合わせて使い分けています。

眉メイクはいつもこのマスカラをさっと塗るだけ。私どちらかというと眉も顔も濃い方で(その反動で薄顔のイケメンが好きなんです)、なんとかなるなら10%でもいいので薄めたい。そう悩んでいて、いろいろ方法を模索した結果・・・・・・

「眉はマスカラをさっと塗るだけ」

という結論に至りました。Oさんの「いい感じ~!」がたとえお世辞であっても、これは自信を持っておすすめしたい! カラー眉、最高ヨ♪

濃い眉の人はもう潔く、何もしない!くらいの方が時代にあっているようです。眉を生やす→顔の濃さが気になる→眉を抜く→眉を生やす・・・・・・の無限ループからようやく抜け出しました。

小田切さん(あっ)には、またいろいろアドバイスをいただいたので、明日からまた実践してみようと思いまあす。(GINGER編集部 KAWAMURA)

関連キーワード

関連記事