存在感のある美しい自まつげを手に入れる!毎日の簡単なケア方法とは

存在感のある美しい自まつげを手に入れる!毎日の簡単なケア方法とは

まつげが長く美しい存在感のある目元に憧れませんか?自まつげは日々のメイクやビューラー使いで負担がかかると、切れたり傷んでしまうので毎日お手入れをしてあげることが大切です。今回は太くてコシのある美しいまつげを手に入れる方法をご紹介します。

自まつげを美まつげにするには、ケアの積み重ねが大事

くるんとした上向きカールにするために、ビューラーで何度もカールさせたり、マスカラを何回も重ね塗りしていると、まつげに負担が掛かっている場合があります。また、クレンジングをするときにゴシゴシ擦り洗いすると知らないうちにまつげが切れたり抜けたりする原因に。

毎日のお手入れをコツコツと続けていくことで、太くてコシのある美まつげに近づける事ができたり、まつげの量が増える可能性もあるため、簡単にできるケアで健やかな自まつげを育んでいきましょう。

存在感のある美しい自まつげを手に入れる、毎日のケア

まずは、重ね塗りしたマスカラやアイメイクをしっかり落としていきましょう。特にウォータープルーフのマスカラは通常のクレンジングではなかなか落とすことができないため、マスカラ専用のクレンジングや、ポイントリムーバーを使ってしっかり落とすことが大切です。

ポイントリムーバーを使うときには、精製水でコットンを軽く濡らし、リムーバーをたっぷり染み込ませたものを目全体に当てて少し時間を置いてから、まつげの流れに沿ってスッと拭き取ります。特に根元が落ちにくいため、ポイントリムーバーを含ませた綿棒で優しく落としましょう。

マスカラやアイメイクをしっかり落としたら、ホットタオルやホットアイマスクを目元に当てて、血行を促進しましょう。そのあと、トリートメント成分や育毛剤などが配合された、自分好みのまつげ美容液を塗って傷んだまつげを労わることが重要です。まつげの根元から毛先まで、擦らずゆっくり塗ってくださいね。

また、まつげの負担を軽減させるためには、まつげの休息日を設けるといいでしょう。ビューラーやマスカラを使わない日、お湯で落とせるフィルムタイプのマスカラだけを使う日…など、1週間のうちに1回はまつげにメイクを施さない日を作って休ませることで、健やかなまつげが手に入りやすくなります。まつげの休息日もまつげ美容液やアイクリームでの保湿ケアをすることをおすすめします。

まつげも肌と同じように、丁寧なケアを

顔や身体のケアに目が行きがちですが、メイクを落としてからホットタオルで目元を温めてまつげ美容液を塗るケアを習慣付けることが大切です。目に見えないようでも日頃のメイクでまつげに大きな負担がかかっているため、顔や身体と同じように丁寧なお手入れをして、健康的なまつげを手に入れましょう!

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事