ちょっと待って!そのかかとのままで良いの?夏が来る前にケアしよう

ちょっと待って!そのかかとのままで良いの?夏が来る前にケアしよう

ミュール、サンダル、裸足など夏は素足で過ごす機会が増えますよね。そんな時に気になるのがかかとのカサカサ…。下の方だから見られていないと思いきや、階段やエスカレーターなどで見られているかも。ケアをして美しいかかとで夏を迎えましょう。

かかとをケアしないとカサカサになる理由

足と手の皮膚は他の部位が4層構造に対し5層構造になっています。ですから、足の皮膚は他の部位よりも厚みがあるのです。

そして、足裏には汗腺はありますが皮脂腺はありません。油分がないので、厚みのある皮膚が靴との摩擦によりカサカサになったり、ヒビ割れが起こりやすいのだそうです。

また、代謝で落ちきれなかった角質をそのままにしておくと、雑菌の温床となり臭いの原因にもなるので、綺麗なかかとにするためには、余分な角質を除去し、定期的に油分を足して保湿してあげる必要があります。

夏が来る前にかかとをつるつるセルフケア!

まずは、ケア用品についてですが、かかとケア専用のものを使うのが簡単です。ジェルシートタイプ、削らない角質ケア、角質ケア石鹸、ピーリング材など、色々な種類があるので、どれが自分に合うのかを試してみるのも良いですね。

なお、かかと用のヤスリがあれば、特別なものを用意しなくてもセルフケアが簡単にできるので、初めての方にもおすすめですよ。今回はその、かかと用ヤスリでのケア方法をご紹介します。

【かかとのセルフケア】
<必要なもの>
・かかと用ヤスリ
・フットクリームまたは保湿成分入りクリーム
・お湯をはった洗面器
・タオル
・ラップ

<かかとケアの仕方>
1.お湯をはった洗面器に3分間足を入れます。入浴後ならそのままでOKです。
2.足をタオルで拭きます。水に濡らしたヤスリでかかとを上から下へ一方方向に10回削ります。
3.クリームをかかとに入れ込むように塗ります。
4.足をラップで包んで3分間パックをし、クリームを軽く拭き取って終わりです。

<ポイント>
角質を削るのは肌に負担がかかるため、月1回を目安に行いましょう。なお、保湿は毎日行なうのが◎。フットクリームがない場合は保湿成分入りのクリームで代用可能です。足には皮脂がないので油分や美容成分が入ったクリームを選ぶのが良いでしょう。


いかがでしたか?かかとをつるつるにして綺麗な素足で夏を迎えましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事