夏野菜はビタミンCが豊富!減らさずに効率よく食べる方法とは?

夏野菜はビタミンCが豊富!減らさずに効率よく食べる方法とは?

「夏野菜」と言っても今では一年中食べることができますが、野菜は旬のものの方が含まれるビタミンCの量が多いのだとか。しかし、ビタミンCは調理することによって酸化したり減りやすい成分でもあるので、壊さず減らさずいただきたいですよね!

野菜に含まれるビタミンCは調理することで減ってしまう?

「ビタミンCは水や加熱に弱い」と聞いたことはありませんか?

これはビタミンCは水溶性で水に溶けやすく、熱に弱い性質を持つためです。とは言っても、野菜を水に15分さらしてもビタミンCの保有量はそこまで変わらないのだとか。汚れを落とすために短時間洗うくらいは問題ないようです。

茹でた場合も、茹で時間に比例してビタミンCはお湯に溶け出しますが、お味噌汁など茹でて溶け出たビタミンCをスープとして摂れる調理法にすることで余すことなくビタミンCを摂ることができます。

そして、ビタミンCの栄養素は加熱に弱いとも言われていますが、煮ても壊れないのだそうです。しかし、炒めたものや揚げたものを保存しておくと、ビタミンCは酸化するので、作り置きには適していないようです。

ビタミンCを減らさずに食べたい場合は、水や加熱よりも酸化に気をつけた方が良さそうですね。

野菜のビタミンCを減らさずに食べる方法!

野菜のビタミンCを減らさずに食べるる方法をいくつかご紹介いたします。

【野菜のビタミンCを減らさず効率よく食べる方法】

<収穫後の野菜をなるべく早く食べる>
野菜は収穫後、酸素に触れることで酸化していきます。地元でとれた野菜を購入してすぐに食べると良いのだとか。

<7〜10度の低温で保管>
野菜は収穫されてからも呼吸を続けており、それが酸化する原因となっているので、ビタミンCを減らさないためには呼吸を抑える必要があります。夏野菜は7〜10度の低温で保管することで、酸化を抑えられると言われています。

<作り置きしない>
保存中に酸化するので作り置きせずに、調理したらすぐに食べるのが◎。

<調理時間を短く>
水にさらす、茹でる、撹拌するなど調理時間を短くすることでもビタミンCの減少を抑えられます。

<スムージーを作る場合はレモン汁をプラス>
ビタミンCは酸性の環境だと安定した状態になるため、生野菜・果物で作るスムージーはレモン汁を5、6滴入れることでビタミンCの減少を抑えられると言われています。その場合も撹拌時間は1分程度に留めるのが良いそうです。

ビタミンCを減らすことなく効率よく食べたい場合は、酸素や水に触れる時間を短くし、早く食べると良さそうですね。

いかがでしたか?この夏は旬の野菜から摂れるビタミンCをしっかり補給して、元気に過ごしましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事