夏バテの体調不良で辛い…夏バテの対処法・予防法やおすすめの予防グッズ

夏バテの体調不良で辛い…夏バテの対処法・予防法やおすすめの予防グッズ

毎年、梅雨頃から気温や湿度が上がってくると、多くの人が悩まされる夏バテ問題。ただでさえ過ごしにくい時期に、体や気持ちの不調が続くと辛いですよね。夏バテの原因と正しい対処法を知って、しっかり予防対策を行い、今年は夏バテゼロの夏にしましょう!

そもそも夏バテとは?どんな状態を指すの?

夏バテと言えば、「しんどい」「食欲がない」という症状が一般的ですね。そのほかにも睡眠や精神面の不調が表れることがあります。

1. 倦怠感

「なんとなくだるい」「いつも疲れている」「休んでも疲れがとれない」といった症状を倦怠感と言います。激しい運動や過度なストレスを受けた後は当然疲れるものですが、そのだるさが何日たっても解消されない場合は、慢性的な倦怠感に当てはまります。

2. うつ状態

倦怠感が続くと、体だけでなく、心も元気がない状態になります。「やる気が出ない」「不安感がつのる」「辛い」「悲しい」など憂うつな気分が続きます。とくに夏場に限って憂うつな気分に陥るケースは「夏うつ」とも呼ばれます。

3. 食欲不振

夏バテで体力が落ちると、胃をはじめとする消化器官も弱ってきます。消化器官が不調な状態では、食欲が湧きません。私たちが食べたものを消化吸収するには、かなりのエネルギーを必要とするからです。よって夏バテして弱った体は、無意識に食事を受け付けなくなってしまいます。

4. 睡眠障害

夏バテで心身のバランスが崩れると、「疲れているのにぐっすり眠れない」「眠れないことがストレスでいっそう眠れない」といった睡眠障害に陥りやすいのだとか。布団に入って2時間以上寝付けないことを入眠障害、夜中に何度も目が覚めてまた寝付けなくなってしまうことを中途睡眠と言います。

夏バテの原因は?

夏バテの原因は夏の高温多湿の気候が原因だと思われがちですが、じつは冷房が効きすぎた室内との温度差の影響が大きいと言われています。春や秋など季節のかわり目は朝夜と日中の寒暖差が激しいため、体温調節がうまくいかず体調を崩しがちですよね。日中、冷房がガンガンに効いたオフィスに座りっぱなしという人は、通勤中の屋外の暑さとのギャップが大きいので、とくに夏バテの危険性が高まります。

温度差による心身のストレスが蓄積してくると、自律神経のバランスが崩れはじめる可能性が。自律神経は自分の意志とは関係なく、心身を興奮させたり(交感神経)、リラックスさせたり(副交感神経)の切り替えを行う場所です。呼吸や脈拍、消化器官の働きも自律神経が調整しているのです。自律神経が乱れることで、全身の倦怠感や精神的な気分の落ち込み、睡眠障害を引き起こすと言われています。

また自律神経が乱れると、消化器官の働きが悪くなるので食欲が減退する可能性があります。食が細くなり栄養不足・エネルギー不足になれば、さらに体力が落ちるという悪循環に。また冷たい飲み物ばかり飲んでいると、胃酸が薄まって体が冷えます。結果、またも胃腸がダメージを受けてしまうのです。

夏バテになったらどうする!?夏バテ対処法5選

夏バテかもしれないと感じたら、まず熱中症を疑ってみることが大切です。暑さや湿度で体温が上昇し、大量の汗かいて体内が水分不足になると、同時に脱水症状を引き起こす可能性があります。軽い熱中症は夏バテの症状と似ていますが、間違った判断で熱中症対策が遅れると命にかかわります。発熱や発汗、脱水症状の有無をチェックして、熱中症が疑われる場合は経口補水液を飲む、体を冷やすなどの対応を急ぎましょう。

1. 正しい水分補給

不調が続く夏バテも、正しい水分補給が肝心です。冷たい飲み物は胃腸を冷やし、衰弱させてしまうので、電解質と糖質がバランスよく配合された経口補水液を、常温で飲むことが望ましいです。

2. 栄養を摂取する

ミネラルやビタミンB、ビタミンCを多く含む食事を摂って、栄養不足を改善しましょう。食欲がなく胃腸が弱っているときは、食べやすく消化のよい食べ物を少しずつ摂取します。

3. 深呼吸でリラックス

自律神経のバランスが崩れているので、できる限り規則正しい生活を心がけ、十分に休息をとることが大切です。深呼吸は自律神経を刺激して、交感神経が働きすぎる興奮状態から、副交感神経優勢のリラックスした状態へと導いてくれると言われています。

4. 深呼吸でリラックス

適度な運動は自律神経のバランスを整えるのに有効ですが、夏バテ状態が辛いときに運動するのは、体力的に難しいですよね。運動のかわりに、ゆったりと時間をかけてぬるめのお湯につかってみましょう。程よい発汗が気持ちよく、疲労感が和らぎます。またリラックスできるラベンダーなどの精油をバスタブに入れると、より効果的です。

5. 冷房の設定温度を見直す

真夏は暑さをしのぐために冷房が必須ですが、エアコンの温度は27~28度くらいとやや高めに設定しておきましょう。寝ている間も、つけっぱなしの方が良いと言われています。夜中に部屋の温度が上昇すると、寝苦しくて睡眠障害の原因にもなるからです。低すぎない温度設定でも、快適に過ごせる寝室環境を整えてください。

暑くなってきたら心がけたい!夏バテ予防法

1. 夏バテ予防のための食事

【旬のフルーツ・野菜】
旬のフルーツや野菜は、私たちがその時期に必要とする栄養をたくさん含んでいます。例えば夏の風物詩であるスイカや南国の果物パイナップルは、夏の衰弱した体に不可欠なビタミン類がたっぷり。夏野菜のトマトやキュウリは、熱がこもった体をクールダウンしてくれる効果があります。ピーマンやゴーヤなど色の濃い緑黄色野菜は、ビタミンが豊富で、紫外線ダメージを受けた体を速やかに修復。ゴーヤは、独特の苦みが食欲を刺激してくれます。また水分の多いフルーツや野菜を食べることで、効率的な水分補給にもつながります。

【豚肉の冷しゃぶサラダ】
豚肉にはタンパク質とビタミンB群が豊富に含まれています。食が細くなる夏は、不足しがちなタンパク質を積極的に摂りたいですね。豚肉は塩と酒を入れたお湯でサッとゆでて冷ますだけ。あとはレタスやトマトなど、好みの野菜と一緒にサラダ仕立てにして盛り付けましょう。酸味の効いたドレッシングやポン酢なら、食欲がなくても食べやすいですよ。

【具たっぷりそうめん】
食欲不振だけれど、のどごしのよい麺類ならなんとか…という人も多いでしょう。そうめんは炭水化物でエネルギーにはなりますが、それだけだとタンパク質やビタミン類が不足してしまいます。食べやすく千切りにしたきゅうり、蒸し鶏、卵などを美しく盛り付けて、栄養たっぷりな一皿に仕上げてください。生姜や辛子など、薬味をきかせれば食欲がアップします。

2. 夏バテを予防する生活習慣

夏バテを予防するには、日頃から疲れをためないことが大切です。仕事や遊びを詰め込みすぎると、自分でも気づかないうちに体を疲れさせてしまいます。気候が厳しい夏はとくに、余裕のあるスケジュールを心がけましょう。

また睡眠時間をいつもより多めにとることで、疲労の蓄積を防止することができます。忙しくて夜にまとまった睡眠時間がとれない、もともと睡眠障害に悩まされているという人は、日中に昼寝するなど工夫をして、睡眠時間を増やしてみてください。

ストレスで自律神経のバランスが崩れると、夏バテの可能性が高まります。ストレスの原因を取り除く、一人で抱え込まない、ストレスはこまめに発散するなど、精神面の対策も考えましょう。

おすすめの夏バテ予防グッズ5選

1. VACNITE「クールタオル」

暑さが厳しい屋外でも、水に濡らすだけでクールダウンできる冷感タオル。水を絞ってから数秒グルグルと振り回せば、冷感繊維の効果が発揮します。折りたたんでコンパクトに収納可能、紐が付いているので、濡れたタオルをぶら下げることもできます。水が入ったペットボトルとセットで持ち歩くのがおすすめ。洗えば何度も繰り返し使える、エコな夏バテ予防グッズです。

2. 熱中対策「シャツクール」

シャツや下着などの衣類に朝スプレーしておくと、「l-メントール」の効果で汗をかくたびにひんやり気持ちよくなる、手軽な冷感コート剤。ハッカに含まれる「l-メントール」は古くから医薬品としても利用されている成分。冷たさを感じる神経に直接作用することで、清涼感をもたらしてくれます。暑さ対策にはもちろん、夏の不快な気分をリフレッシュしてくれる効果も期待できますね。香りはクールミントとフローラルアロマの2種類から選べます。

3. 健栄製薬「ハッカ油」

ナチュラル派には、天然のハッカソウを乾燥させて抽出した、ハッカ油がおすすめです。スプレーボトルに水とハッカ油を入れ、よく混ぜて衣服にスプレーすれば、お手製の冷感コート剤に。無添加なので、わきや背中、足など、体に直接スプレーしても大丈夫です。ただし、目や鼻などの粘膜には刺激が強すぎるので、顔への使用は控えましょう。お風呂のバスタブにハッカ油を一滴たらすと、清涼感が気持ち良い夏向けの入浴剤になります。スッキリした香りが、疲れた心と体を癒してくれます。

4. 井関食品「熱中飴」

夏バテには、水分と同時に、塩分や糖分の補給が必要です。この熱中飴は、ミネラル豊富な沖縄産の塩が使用されており、さっぱりしたレモン味で食欲がなくても食べやすい。一粒あたりの食塩量は約0.32gです。経口補水液がないときは、水やお茶と一緒にいただきましょう。

5. イケヒコ・コーポレーション「素肌草」

純国産の無添加「い草」を使用した、昔ながらの「い草枕」です。直接肌に触れるものは、原材料にもこだわりたいですよね。綿枕の約3倍の吸湿力があり、夏の寝苦しさを軽減してくれます。また「い草」の香りには「フィトンチッド」という樹木の芳香成分が含まれており、森林浴と同じような、ストレスホルモンを減少する効果があると言われています。枕の表面はなめらかにプレス加工されていて、「寝あと」が付きにくいのもうれしいですね。

まとめ

夏バテにならないためには、食事などの生活習慣や、冷房の温度設定を今一度見直しましょう。また疲れやすい夏は、体と心をいつも以上にいたわってあげることが大切です。夏バテ予防グッズを利用して、快適な夏を過ごしてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事