五月病?ちょっとしんどい時期、自宅で観て元気になれる映画をご紹介!

五月病?ちょっとしんどい時期、自宅で観て元気になれる映画をご紹介!

ゴールデンウィークが終わって、春から夏の季節へと少しずつ移り変わる中、何となく仕事や学校へのモチベーションが上がらない方も多く、根底から気分を上...

ゴールデンウィークが終わって、春から夏の季節へと少しずつ移り変わる中、何となく仕事や学校へのモチベーションが上がらない方も多く、根底から気分を上げようとしてもなかなか難しいこともあると思います。そんな時はおうちでゆっくりしながら心地よい気持ちになれる映画を観てはいかがでしょうか? 今回は頭を使ってあれこれ考えることなく観ることができ、でも軽すぎない映画をご紹介して参ります。

"真実の愛"とはこういうこと『ビューティフル・マインド』

【ストーリー(引用)】
1947年9月、プリンストン大学院の数学科に入学を果たしたジョン・ナッシュ。彼の頭にあるのは「この世のすべてを支配する真理を見つけ出したい」という欲求のみ。ひとり研究に没頭するナッシュは次第にクラスメートからも好奇の目で見られるようになる。しかし、ナッシュはついに画期的な“ゲーム理論”を発見する。やがて希望するMITのウィーラー研究所に採用され、愛する人と結婚もしたナッシュ。しかし、米ソ冷戦下、彼の類い希な頭脳が暗号解読という極秘任務に利用され、彼の精神は次第に大きなプレッシャーに追いつめられていく・・・・・・。https://goo.gl/VqFzpC

2001年度のアカデミー賞作品賞を受賞した本作。精神的に追い詰められ、ある病に苦しんだ天才とその妻の究極の愛の物語です。

本作が公開されたのは、9.11テロの少し後。アメリカ国民が真実とは何かに悩み苦しんでいた時に、この映画は真実と愛の大切さを描き、人々の心を救いました。

何かに悩んでいる人は、それらを突き詰めなくてもいいので、まずはこの映画を観て心のわだかまりをデトックスしてみてはいかがでしょうか。

家族のために頑張ることは自分のための努力『シンデレラマン』

【ストーリー(引用)】
ボクサーとして華やかな戦歴を持つジム・ブラドック(ラッセル・クロウ)だったが、全盛期も過ぎ、ライセンスを剥奪されてしまう。そのため日雇いの仕事をしながら妻(レニー・ゼルウィガー)や子供たちと暮らしてしたがその生活は貧しく、食べ物を買うことさえもやっとだった。https://goo.gl/o7SaQm

世界恐慌のなかで明日を生きるのも精一杯の貧困の時代、家族のために必死にチャンスをつかもうとしたひとりの男の実話映画です。

ボクサーとして再起を目指しながら、妻と子どもたちのために必死に働き続ける主人公。どんなに辛くても怒りを見せずに、ただ家族のために頑張る姿に胸を打たれます。

クライマックスのボクシングシーンは、手に汗握る臨場感。試合の結末と物語の結末との融合が非常に爽快で、勇気と元気を貰うことができます。

痛快!爽快!面白い!気持ちいい!『ベイビー・ドライバー』

【ストーリー(引用)】
幼い時の事故の後遺症によって耳鳴りに悩まされながら、完璧なプレイリストをセットしたiPodで音楽を聴くことで驚異のドライビングテクニックを発揮するベイビー(アンセル・エルゴート)。その腕を買われて犯罪組織の逃がし屋として活躍するが、デボラ(リリー・ジェームズ)という女性と恋に落ちる。それを機に裏社会の仕事から手を引こうと考えるが、ベイビーを手放したくない組織のボス(ケヴィン・スペイシー)は、デボラを脅しの材料にして強盗に協力するように迫る。https://goo.gl/25d4fz

犯罪組織の逃がし屋ドライバーの波乱万丈と淡い恋を描くこの映画。しかし、物語云々よりも本作の見どころはとにかく音楽とそれに合った映像。

すべてカッコいい音楽ありきで、そのリズムに合わせてカットの変わる映像、そしてダンスのように画面狭しと動き回る登場人物たち。

全てが痛快!爽快!面白い!気持ちいい!まるで映像のマジック! この気持ち良さは、元気が出ること間違いなしですし、気持ちのリフレッシュにもなることをお約束します!

愛にはさまざまな形がある『ラブ・アクチュアリー』

【ストーリー(引用)】
弟に恋人を取られたミステリー作家ジェイミー(コリン・ファース)は南仏へ傷心旅行に。一方その頃、若くてハンサムな英国新首相デヴィッド(ヒュー・グラント)は秘書に一目惚れしてしまい、悶々と悩んでいた。https://goo.gl/L4TYPt

主役を置かずに総勢19人の主要キャストがアンサンブルで繰り広げるラブストーリーです。この映画の魅力は冒頭の台詞で語ることができます。

「人は言う。 現代は憎しみと欲だけだと。 実際そうだろうか。

父と子、 母と子、 夫と妻、 恋人同士、 懐かしい友人・・・

9月11日の犠牲者がかけた最後の電話も憎しみや復讐ではなく 愛のメッセージだった。

見回すと、実際のところ この世には愛が満ち溢れている」

めちゃくちゃだけどやっぱ面白い!『ルパン三世 カリオストロの城』

【ストーリー(引用)】
宮崎駿が初めて劇場用作品の監督を手がけた「ルパン三世」第2弾。ヨーロッパの小国カリオストロ公国。ニセ札の噂が絶えないこの国へやって来たルパンは、悪漢に追われるひとりの少女クラリスを助けるが、彼女は再び連れ去られてしまう。実はカリオストロ公国・大公家のひとり娘であったクラリスは、強引に結婚を迫るカリオストロ伯爵によって城に幽閉されていたのだ。ルパンは既に城内に忍び込んでいた不二子の手引きで城に潜入するのだが…。 https://goo.gl/1o2Pza

あの宮崎駿監督の劇場作品第1弾で多くの方が『金曜ロードSHOW!』などでご覧になられたことがあるのではないでしょうか。

この映画は「めちゃくちゃだけど、面白い」この台詞ですべてを表すことができると思うのです。車が崖を登ることなんて物理的にできない。ルパンがお城の屋根を動き回ることなんて物理的にできない。

でもこれはアニメ! そんな細かいことなんて置いといて面白いものは面白い!これぞエンターテイメントの頂点であり、いつどんな時に観ても万人を楽しませてくれる究極の作品といえるでしょう。

以上有名作品から最新のオススメまで、5つの作品をご紹介させて頂きました。

どの映画も安心してご覧頂くことができます。お読み頂くなかで気になった作品がありましたら、ぜひご覧になってみてくださいね。

文/柳下修平

関連キーワード

関連記事