またおでこにブツブツが!洗顔の順番でおでこニキビが改善?

またおでこにブツブツが!洗顔の順番でおでこニキビが改善?

慢性的におでこニキビができてしまう人にとっては、堂々とおでこを全開にしている人を見ると羨ましくなりますよね。皮脂の多い部分なだけに、おでこのスキンケアはとても重要です。間違った洗顔が、おでこニキビの原因になることもあるのだとか!

おでこニキビは思春期だけじゃない!生活習慣と洗顔で治そう!

「おでこのニキビ」と聞くと、なんだか思春期の甘酸っぱい学生時代をイメージしますが、実は思春期にニキビができるのには、きちんとしたメカニズムがあるのです。

おでこはホルモンバランスの影響をモロに受けやすい部分です。その原因が多量の皮脂腺。辛いものを食べたり、熱いと額から大量の汗が吹き出ますよね。これは皮脂腺から大量の皮脂が分泌されるためですが、過剰な皮脂の分泌は角栓を塞いでニキビの原因となるのです。

この過剰な皮脂は、ホルモンバランスによっても影響します。生理前に分泌される女性ホルモン「プロゲステロン」には、皮脂分泌を促す働きがあることから、生理前くらいからおでこニキビができ始めるという人もいるのだとか。

ほかにも、睡眠不足や食生活によって、お肌のターンオーバーが正常に機能せず、おでこニキビができてしまうこともあります。

こうしたおでこニキビを改善するには、生活習慣はもちろんですが、実は毎日の洗顔がとても重要なのです。

正しい洗顔の順番でおでこニキビ改善!

おでこの汚れって考えたことありますか?実は、おでこはシャンプーの洗い流したときの泡や汚れ、整髪料が付いた前髪が触れることなどで、想像以上に汚れが皮膚に残りやすい部分なのです。

となるとやはり、これらの汚れを落とす洗顔はとても重要ですよね。まずは洗顔をする順番に注意しましょう。お風呂で洗顔をする人は多いと思いますが、たとえば洗顔を先にやってしまうとどうでしょう?そのあとにシャンプーで髪を洗ったり、体を洗ったりすると、洗い流した汚れが顔に付着してしまう恐れがあります。

ですので、洗顔は必ず最後に行うようにしましょう。シャンプーで洗い流した余計な汚れも、これなら残さず洗顔で落とすことができますよね。

ただ、それでもおでこニキビができてしまう人は、シャンプーの成分自体がおでこに良くない可能性もあります。生え際などを洗う際、どうしてもおでこにシャンプーがつくことがありますので、ノンシリコンのアミノ酸シャンプーなどを使用してみることをおすすめします。

洗顔の順番を変えるだけで、おでこニキビを防げるなら簡単ですよね!早速実践してみてください。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事