酒好きの人要注意!シミやくすみの肌荒れ原因は肝臓の機能の低下?

酒好きの人要注意!シミやくすみの肌荒れ原因は肝臓の機能の低下?

シミやくすみは一度できるとなかなか消えません。それだけにできたときのショックはとても大きいですよね。実はこうした肌トラブルの原因が「酒」による肝臓の機能の低下によるものだというケースが少なくないのです!お酒好きの人は特に注意が必要です。

シミやくすみの原因は肝臓の機能の低下!肝臓と肌の関係とは?

ふと気がついたら、いつの間にかできていたシミやくすみ。「紫外線にも注意してたし、洗顔にも保湿にも注意してたのにどうして?」

そんなあなた、もしやかなりの頻度でお酒を飲んだりしていませんか?仕事で疲れて1杯。寝酒で1杯。

気持ちはわかりますが、お酒を飲みすぎると、肝臓の機能が低下してしまいます。ここで疑問ですが、肝臓の機能が低下することと肌のシミやくすみと、どういう関係があるのでしょうか?

肝臓には食事から摂取した栄養をエネルギーに変える代謝の働きや、老廃物や添加物を分解する解毒機能、さらに老廃物を排出する胆汁を作りだす役割があります。

実際に肝臓の機能が低下すると、解毒作用が弱まってしまい、血液中に有害な物質が残されたまま体内に行き渡るため、くすみなどの肌トラブルを招いてしまうのです。

さらに美肌に必要なビタミンやミネラルなどの栄養素も行き届きにくくなるので、ますます肌は悲惨な状態になってしまいます。

肝臓が弱ると肌も弱る!お酒を飲む量に注意しよう!

これだけの影響でも十分肌にとってマイナスですが、肝臓の機能の低下は、特にシミに大きく関わると考えられています。

その理由は、肝臓が健康な状態であれば、メラニンの活性化を防ぐグルタチオンという成分が合成されるのですが、肝臓の機能が低下すると、これが大きく抑制されるため、メラニンが増えてシミにつながってしまうのだとか。

美肌と肝臓の機能との関係は、実はものすごく密接した関係だったのです。

アルコールの過剰摂取は、言わずもがな肝臓に負担をかけてしまいますが、これは摂取したアルコールを肝臓が分解と吸収を行うから。

つまりアルコールを大量に摂取すると、肝臓は常に働きっぱなしの状態で、機能が弱まってしまうのです。ほかにも食べ過ぎによる脂肪肝やストレスによっても、肝臓の機能は低下してしまいますので、暴飲暴食には注意しましょう。

肝臓がシミやくすみと関係があるなんて、意外ですよね。頻繁にお酒を飲む人は、飲む量に注意して、シミやくすみの発生を防ぎましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事