飛行機ではノーメイクが良いって本当?機内の乾燥からお肌を守ろう!

飛行機ではノーメイクが良いって本当?機内の乾燥からお肌を守ろう!

夏が近づいてくると、次の旅行の計画を楽しんでいる人もいるのではないでしょうか?夏の日差しも気になるところですが、長い飛行機の移動時間も肌にとっては大きなダメージを受ける時間ですよね。機内での乾燥、冷え、むくみ。これらの対策をご紹介します。

機内の乾燥、冷え、むくみ!肌は悲鳴をあげている!

楽しい旅行!考えただけでもワクワクしますよね!さあ出発当日、荷物をスーツケースに押し込んでいざ飛行機へ!

でもちょっとまって!機内の乾燥対策は?冷えは大丈夫?窮屈なシートで足がむくまない?飛行機の中は地上とは別世界。ちょっと大げさですが、これらの対策を欠かさずして旅は楽しめません。

機内は乾燥が激しいため、肌どころか喉がカラカラになる事もめずらしくありません。それもそのはず、機内の湿度はおよそ20パーセント以下。ときには10パーセントくらいのときもあるとかで、これは砂漠と同じレベルの乾燥です。

「なんでわざわざそんなに乾燥させるワケ?」そう思う人のために説明しますと、飛行機が無駄に暖かくなかったり、湿度が低いのは、結露を防ぐのが理由と言われています。結露は飛行機のサビや配線の故障の原因にもなるため、意図して乾燥させているのだそう。

機内でできる乾燥対策!肌は機内で整えよう!

さて、では機内の乾燥をどのように対策していけば良いのでしょうか?まず、長時間のフライトになる場合は、メイクをしたままだと本当にカサカサ肌になってしまいますので、ノーメイクで飛行機に乗り込むのがおすすめです。

「家からノーメイクはちょっと」という人は保安検査後のお手洗いや機内でメイクを落とすのも手です。機内持ち込みの液体の量には決まりがありますので、少量のクレンジングやコットンを持ち込みます。

もちろんメイクを落としたら、保湿も忘れずに。こちらも少量持ち込むといいですね。そしてマスクで喉の乾燥を防ぎましょう。

また、必ず水を持ち込みましょう。エコノミークラスの場合は機内サービスまで時間がありますので、いつでも飲みものを飲める環境ではないことが多いです。

冷えの対策にはブランケットを借りたり、羽織ものを用意しておきましょう。また、むくみ対策にはスリッパや薄手のルームシューズ、さらに着圧ソックスなどで対策しましょう。むくんでからでは遅いので、離陸する前に履くのがポイントです。

機内でできる対策はたくさんありますが、ちょっとした準備で肌の乾燥やむくみを抑えることができるので、ぜひ試してみてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事