アメリカで話題沸騰中のダイエット食品!自家製植物肉の作り方

アメリカで話題沸騰中のダイエット食品!自家製植物肉の作り方

ダイエット大国アメリカにて植物肉が大流行していることをご存知でしょうか?日本にももうすぐ上陸するようですが、2枚入りで約6ドルと少々お高め。そこで今回は、低コストで作る植物肉「大豆ミート」の作り方をご紹介します。

ダイエット中の女性におすすめ!自家製植物肉(大豆ミート)の作り方

アメリカで販売されている植物肉「ザ・ビヨンド・バーガー」には、えんどう豆や水溶性食物繊維であるアラビアガムなどが使用されておりややお値段も高め。

そこで、今回はよりお手頃価格で手に入りやすい木綿豆腐をメイン材料とし、更には高たんぱく質かつ低カロリーなイカを使って肉々しい旨味・歯ごたえを演出する植物肉「大豆ミート」を作ってみました。

【大豆ミートの作り方】
<材料>
・イカ 1杯
・木綿豆腐 1丁
・油揚げ 1/2枚
・玉ねぎ 1個
・卵 1個
・米粉 大さじ4
・ナツメグ 適量
・バジルパウダー 適量
・塩胡椒 適量
・コンソメの素(顆粒)大さじ1
・オリーブオイル 小さじ2

<作り方>
1.木綿豆腐を布巾で包み、2枚のまな板もしくはお皿を挟んでしっかり水切りします。約20〜30分間置きましょう。
2.いかは下ごしらえ(※内臓・軟骨・目玉を取り除き、胴体をしっかり洗います。足の吸盤も綺麗に取り除きましょう。)し、ミキサーにかけやすい大きさにカットします。
3.玉ねぎ・油揚げもミキサーにかけやすい大きさにカットします。
4.木綿豆腐を手でほぐしながらミキサーに入れ、いか・玉ねぎ・油揚げ・卵も一緒に撹拌させます。
5.ボウルに4を移し、米粉・ナツメグ・バジルパウダー・塩胡椒・コンソメの素を入れてよく混ぜ合わせます。
6.5のタネを小判形に形を整えます。
7.フライパンにオリーブオイルをひき、6を焼きます。両面とも中まで火を通し、こんがり焼き目がついたら完成です。

ダイエット中も◎美味しい・優しい大豆ミートのお好み焼きレシピ

大豆ミートはハンバーグのようにそのまま焼いて食べるのはもちろん、スープ料理やオムレツなど幅広いレシピに活用することが可能です。下記では小麦粉不使用でヘルシーな大豆ミート入りお好み焼きの作り方についてご紹介します。

【小麦粉不使用!大豆ミート入りお好み焼き】
<材料>
・大豆ミートのタネ 80g
・キャベツ 1枚
・長芋 2〜3cm
・かつお節 適量
・塩 ひとつまみ
・サラダ油 小さじ1
・青のり 適量
・お好み焼きソース 適量

<作り方>
1.大豆ミートのタネとすりおろした長芋をボウルに入れ、塩を加えて木べらでよく混ぜ合わせます。
2.1に千切りキャベツを入れ、菜箸でさっくり混ぜ合わせます。
3.フライパンにサラダ油をひき、2を流し入れて形を丸く整えます。
4.焼き色がついたら裏返し、蓋をして5〜6分ほど焼き上げて完成です。

いかがでしたか?アメリカからやってくる植物肉にも興味津々ですが、身近な食材で作れる大豆ミートも是非活用してみてくださいね。

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事