紫外線で爪が黄ばむ! 簡単にできる予防策って?

紫外線で爪が黄ばむ! 簡単にできる予防策って?

ネイリストとしての経験と豊富な知識を生かし、肌育成スペシャリストとして活躍中の川上愛子さんが提唱するのは、頭から爪の先まで全身キレイになるためのマニアック美容! 今回は、意外に目立つ爪の黄ばみについて、簡単予防テクをご紹介します。

紫外線も強くなってきて肌の日焼けに気を付けるようになる季節ですが、実は気をつけるべきは肌だけじゃないんです。鉄壁の紫外線対策やコツコツ美白ケアが実り、美しい白肌をキープできていると、爪や歯の黄ばみも気になってきませんか?

とくに、爪の黄ばみは指先だけに目立つところ。マニキュアやジェルネイルでも黄ばみは隠せますが、どうせなら「黄ばみのない素爪」にしたいですよね。手肌は白くて綺麗なのに、爪だけ黄色いのは年齢を感じる原因にも。できたら避けたいポイントです。

◇爪が黄ばむ理由1 「紫外線」

といっても、肌のように「日焼けして爪が黒くなる」ということではありません。爪はもともと水分をため込むのが苦手な場所ですが、手はいつも紫外線にあたりがちで、朝塗った日焼け止めも手を洗うたびに流されていきます。紫外線が爪に降り注ぐと、爪はいっきに乾燥状態に。潤って血流もいい爪は、みずみずしい艶と血色のいいピンク色をしていますが、乾燥が進むとカラカラに乾いて黄ばみもとても目立ってくるのです。お米でイメージしてみましょう。炊き立てで水分たっぷりのお米は白く光っていますが、時間がたって乾いたお米はだんだん黄ばんできますよね。お米の場合は「酸化」も関係してきますので乾燥ばかりが黄ばみの原因ではありませんが、爪が黄ばんだ状態は乾いたお米のイメージです。乾いて黄ばんだ爪になると、縦線も目立ってきますし二枚爪なども発生します。ボロボロの爪はなんだか疲れた感じで、手肌を白く保ってもアンバランスだし魅力も半減してしまいます。

◇爪が黄ばむ理由2 「マニキュアの直接塗り」

その他に爪が黄ばむ理由で一番多いのが「マニキュアの直接塗り」や「ジェルネイルの直接塗り」です。マニキュアやジェルネイルをセルフで楽しむ場合、ベースコートやベースジェルを塗ると思うのですが「なんだかめんどくさい」という気分でベースコートやベースジェルを省略するのはとても危険!

カラーマニキュアやカラージェルを爪に直接塗って固めると、紫外線による効果で爪に色移りしてしまう原因に。綺麗にマニキュアを塗るためや、色持ち良くさせるためにもベースは大切ですが、色移りによる黄ばみを防ぐためにもベースコートやベースジェルは大切なアイテムなのです。とくに、これからは紫外線も強くなる季節で、手も足も紫外線に晒されます。マニキュアやジェルネイルを塗る際は必ずベースを塗るようにしましょう。最近は、ベースジェル一体型のジェルネイルなども発売されています。一体型のものは別途ベースジェルを用意しなくてもベースジェルの成分が配合されていますので、ご心配なく。

◇爪が黄ばむ理由3 「ニコチン」

その他に、喫煙者の方はニコチンによる爪の変色も考えられます。その場合は、たばこを挟む右手の人差し指付近だけ黄ばみが発生することも。

◇自分でできる簡単予防

爪の黄ばみ予防のために効果的なことはいくつかあります。
① 紫外線対策
肌へ使う日焼け止めを爪の先まで塗っておきましょう。手を洗うたびに塗り直しが必要ですが、手に日焼け止めを塗ることで年齢が出やすいといわれる手のケアも行えます。「爪まで塗るとベタベタして嫌だ」というときは、爪だけUV効果のあるマニキュアを使用しても構いません。トップコートでも紫外線予防成分の配合されたものもありますので、これからの季節は上手に使ってくださいね。
② 保湿
紫外線による乾燥を防ぐためにも、キューティクルオイルなどを利用して爪の保湿を気にしてみてください。保湿して軽くマッサージするだけでも血流が促されてピンク色の爪に。紫外線の季節は肌も爪も保湿が大切です。

◇室内にも紫外線は降り注いでいる

紫外線の中で一番気を付けなければいけないのが「紫外線A波」と呼ばれる生活紫外線です。朝起きて「あ、朝だ」と気付けるのは、紫外線A波が部屋に降り注いでいるから。紫外線A波は、生活紫外線と呼ばれていて窓も透過します。遮光カーテンで紫外線A波を完全にシャットアウトできていたら、目を覚ましただけでは朝なのか夜なのかわからない状態に。「明るいな」と感じることができるなら、寝ている間も紫外線を浴びていることになります。紫外線A波は、肌内部のコラーゲンやヒアルロン酸などを破壊したり、細胞そのものに攻撃する紫外線です。寝ている間に肌も爪も紫外線を浴びている状態だと、起きた際には乾燥がはじまっています。手の白さも爪の白さも守るためには、常日頃からの紫外線対策が必須なのです。

マニキュアを塗る習慣がないと「爪にも日焼け止め!?」と思いがちですが、爪の黄ばみを防ぐためには紫外線対策が重要。紫外線防御効果のあるマニキュアもジェルネイルも簡単に手に入りますので、今年の夏は「爪の黄ばみ予防」のためにもしっかり取り入れるようにしてみましょう。どうしても、お仕事などで爪に何かを塗ることができない方は、手に塗った日焼け止めを爪までの伸ばしてもらえればOK。「何もしない」が爪の黄ばみを目立たせる原因にもなりますので、黄ばんだ爪を回避したい方は「爪の日焼け」もしかっかり対策してみてくださいね。

関連キーワード

関連記事