「水分不足」がむくみの原因に!むくみを防ぐ水分摂取のポイント

「水分不足」がむくみの原因に!むくみを防ぐ水分摂取のポイント

むくみを気にしている女性は多いですよね。むくみというと、水分の摂り過ぎが原因となるイメージですが、実は水分摂取を控えることでむくみを引き起こすことがあるそうです!水分不足でむくむ理由と、むくみを防ぐ為の水分摂取のポイントをご紹介します。

水分を控えるのは逆効果!? 「水分不足」がむくみを招く理由

むくみを防ぐ為に、水分を摂り過ぎないように気を付けているという方も少なくないのではないでしょうか。しかし実は「水分不足」がむくみを引き起こしている場合もあるんです!

ご存知のように、人の身体の多くは水分でできていると言われており、小さな子供は体重の約70%ほど、大人になるにつれてそれは減って行き、成人になると体重の約60〜65%が体液と呼ばれる水分でできていると言われています。

そして、むくみとは余分な水分や老廃物が体内に溜まっている状態のことです。通常、体内の老廃物は、尿や汗と共に排出されますが、水分不足になると、身体が水分の排出を減らして必要な水分を体内に残そうとするため、老廃物を含んだ水まで体内に溜まり、むくみを引き起こすのです。

また、日頃から水分不足気味の体になっていると、新陳代謝や血液の循環が鈍り、むくみやすくなると言われています。

むくみの原因を作らない為に!水分摂取のポイント

程よく体を潤わせる為には、水分の摂取方法にポイントがあります。間違った水分の摂り方では、むくみの原因になることがあるので、予防する為にもポイントをチェックしてみましょう!

【むくみを起こさず、適度に水分補給する方法】

<こまめに水分を摂取>
体内の水分量を一定にし、むくみを起こりにくくする為、こまめに水分を摂取するようにしましょう。一度にたくさん飲むと、水分の排出が追い付かず、むくみの原因になると言われていますので、気を付けてくださいね。

<ホットで飲むと効果的>
温かい飲み物を飲むと、体温が上がり、血行が良くなる為、むくみ対策が出来ます。

<水分補給はカフェインを含まないものを>
コーヒーやお茶などには、カフェインが含まれます。カフェインには利尿作用があり、水分が身体の外に排出されてしまうので、逆効果に。やはり、水分補給には水が向いています。

<朝起きたらまず水>
人の身体は、夜寝ている間に不要な水分の排出作用が高まります。朝起きてコップ一杯の水を飲むことで、不要な水分が尿と一緒に排出されるので、むくみ改善効果が期待出来ます。

いかがでしたか?むくみの原因になる余分な水分や老廃物を排出するには、適度な水分が必要です。水分不足にならないよう、きちんと水分補給を行い、むくみを予防しましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事