過度な保湿ケアはNG!? 必要最低限のスキンケアで肌本来の美しさを

過度な保湿ケアはNG!? 必要最低限のスキンケアで肌本来の美しさを

肌に潤いを与えてしっとりとした肌をキープするには、保湿ケアが欠かせません。しかし乳液やクリーム、オイルなどを過剰に付けすぎる保湿ケアは肌に負担をかけてしまうかも!? 必要最低限のスキンケアをして潤いたっぷりの肌を手に入れましょう!

過度な保湿ケアが肌に与える悪影響とは?

化粧水・美容液・乳液・クリーム・オイルなどを重ね塗りした過度な保湿ケアをしていると、皮脂のバランスが崩れてニキビや吹出物、肌荒れの原因になってしまうと言われています。また、いくつもの基礎化粧品を重ね塗りすることで、その分肌に摩擦が増えて気づかぬうちに刺激を与えている場合も。

肌の乾燥を防ぐために化粧水をたっぷり浸透させても、ある程度の水分は肌に浸透しますが、すぐに蒸発して肌に必要な水分まで奪ってしまうので、乾燥を招いてしまうこともあるのです。

やり過ぎた保湿ケアから必要最低限のスキンケアにシフト

どんなにたっぷり化粧水や美容液をつけても、肌の角質層に保たれる水分量は限られています。保湿ケアをしても全て肌に吸収されるわけではありません。

かといって、普段しているスキンケアを急にストップさせると肌が驚いてしまう場合があるため、化粧水や美容液はパッケージに記載されている量を守り、仕上げの油分は乳液かクリーム、オイルのどれかひとつにしてみるといいでしょう。 

ただ基礎化粧品をつけて保湿するだけではなく、手のひらで肌に優しく触れながら丁寧にスキンケアをすることで、毎日の肌の調子が分かってきます。化粧水も美容液も乳液やクリームも、一段階ずつじっくり馴染ませて肌に浸透したのを確認してから次の段階に進んでくださいね。

必要最低限のスキンケアだけでは不安、という方は質の良い睡眠や栄養バランスの整った食事、ストレスを溜めない生活などを心がけて身体の中からもケアをしてあげるといいでしょう。

また、肌の潤いが不足していると感じたときは水分不足の可能性があるため、常温のミネラルウォーターをたっぷり飲んだりしてこまめに水分補給をすることも大切ですよ。

毎日の保湿ケアを見直して美肌をキープ

美肌のために欠かせない保湿ケアですが、肌に良いと思って基礎化粧品を重ね塗りしている方は、必要最低限のスキンケアにシフトしてみるといいかもしれません。保湿ケア方法をもう一度見直して、肌本来が持っている美肌力を引き出してみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事