乾燥しやすい夏の肌向けボディクリームの選び方と潤いを高める方法

乾燥しやすい夏の肌向けボディクリームの選び方と潤いを高める方法

夏の肌は汗や皮脂分泌が活発になる一方で、必要な潤いや水分が汗と一緒に蒸発して、特に乾燥しやすい状態になっています。そこで、今回は、夏の肌に合うボディクリームの選び方と塗り方をご紹介しますので、より保湿効果を高めて美しい肌を手に入れましょう!

夏の肌の乾燥を防ぐボディクリームの選び方とは?

気温が高い夏は、汗や皮脂分泌が活発になり汗と水分が一緒に蒸発して乾燥を招いてしまいます。さらにエアコンの冷風や紫外線を浴びて、肌がカサカサに乾燥しやすい状態に…。

夏のボディクリームは、ベタつきの少ないさらっとした軽い着け心地のボディクリームや、美白と保湿の両立が叶うボディクリーム、角質層へ水分を補うみずみずしいボディクリーム、日中用としてUV効果がついたボディクリームなどがおすすめです。

しっとりしすぎてベタベタしたボディクリームだと、汗をかきやすい夏に使うのはストレスになってしまいがち。自分に合った夏向けのボディクリームを選ぶことから始めていきましょう。

乾燥を防いで保湿力を高めるボディクリームの塗り方

肌の乾燥を防ぐボディクリームは、塗るタイミングが重要!

お風呂から上がってすぐの肌が濡れた状態でボディクリームを塗りこむことで伸びやすく、隅々まで塗ることができます。濡れた肌に塗ると、水分が蒸発する前にクリームに含まれる油分で蓋ができるので、乾燥予防につながります。

ボディクリームの塗り方は、お風呂上がりの濡れたままの肌に適量のボディクリームを手のひらに取って体温でなめらかにしてから、全体にムラなく塗っていきましょう。ボディクリームをたっぷり全身に塗ったら、柔らかいバスタオルを軽く当てて擦らないように余分な水分を吸い取ります。タオルで水分を取り除いたら、乾燥しやすい肘や膝などの細かいパーツに重ね塗りをするといいでしょう。

もちもち肌になるスペシャルケアとしておすすめなのが、化粧水で肌を整えてから、ボディミルクとボディクリームを使ったダブルの保湿ケア。 化粧水で潤いを与えたら、水分量が多めのサラッとしたボディミルクを伸ばして、しっかり馴染んだらボディクリームを均等に薄く伸ばします。お風呂上がりや寝る前にリンパマッサージをしながら行うと効果的ですよ。

疲れた夏の乾燥肌にボディクリームで潤いを

お気に入りのボディクリームを見つけて、日中受けた紫外線や乾燥ダメージを優しく労いましょう。夏の肌は意外とデリケートなので、毎日のボディケアをしっかり行い、なめらかで潤った肌を手に入れてくださいね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事