【長井かおりのテクで美人!】ゴム1本でできる【真夏のまとめ髪】

【長井かおりのテクで美人!】ゴム1本でできる【真夏のまとめ髪】

今美界が最も注目する長井かおりさんの連載。真夏の暑い時期に役立つ、便利なアレンジを披露します!

教えてくれるのは

ヘア&メイクアップアーティスト 長井かおりさん
長井さんのテクニックを完全ビジュアライズした新刊『テクニックさえ身につければ、「キレイ」はもっと引き出せる』が5月23日に講談社より発売。

【ゴム1本でできる】真夏のまとめ髪

「私が提案するまとめ髪は、常に“ゴム1本”が基本! 最初は驚くかもしれませんが、コツさえ覚えてしまえば、とても簡単♪ ゴム1本しか使わないのに、一瞬で雰囲気美人になれますよ。唯一、必要なのは練習です。ベストバランスを見つけられるまで、頑張って!」(長井かおりさん)

HOW TO

(1)【下準備】ホールド力の強いワックスを多めに!
手のひらに固めのワックスを取り出したら、それを指の間までしっかりとなじませて。

(2)
下から髪を持ち上げて、シャンプーする要領で、空気を含ませつつワックスをなじませる。

(3)最初のゴムの輪の中には髪を通さず、ひっかけるだけ
まとめた髪はゴムにひっかけたまま通さず、ゴムを一回ひねって別の輪をつくる。ココがキモ。写真では色付きだけど、通常は黒か茶のゴムを使用して。

(4)髪を最後まで抜かず、途中で止めるイメージ!
髪を丸めながらひねったゴムの輪に通して、そのまま縛る。髪に輪ができていたら成功。

(5)はみ出た毛先はゴムの中に収納!
バランスを見ながら毛先をゴムの中に入れていく。きっちりさせず、ラフにしたほうが可愛い。

(6)爪の先で細く細く引き出すのがコツ
ゴムの根元を押さえながら、ゴムまわりやトップの毛を爪の先で引き出して、整える。最後にこめかみともみあげの髪を指でねじねじしてクルンと丸める。小顔効果が狙えるテク。

【長井ゴロク】指でねじねじ
こめかみから、もみあげにかけての髪を指でねじってクルンと丸める動作。このひと手間を加えることで、目くらましになり小顔印象に。

完成!

ハーフアップでもOK

ハーフアップにするときも、基本のやり方はオールアップと同じ。耳上ぐらいのところから髪を持ち上げて、ひねってつくったゴムの輪の中に入れるように。整え方も同様に。

ラフなのにオシャレなゆるハーフアップが完成!

ヘアメイク/長井かおり 撮影/城健太(vale.) スタイリング/金山礼子 モデル/谷口蘭 取材・文/前田美保 構成/河津美咲

《こちらも合わせてcheck!》
【長井かおりのテクで美人!】ブルーシャドウが苦手な人必見!簡単テクニック大公開!!

関連キーワード

関連記事