フルーツの美容成分を効果的に活かしたいなら、食前・食間が◎

フルーツの美容成分を効果的に活かしたいなら、食前・食間が◎

フルーツの美容・健康成分を効果的に得たいなら、食前または食間に食すのが◎。また、紫外線対策にフルーツを食べている方、そのタイミングや種類を間違えると逆効果になるので注意が必要です。フルーツを食前・食間に食べるのが良い理由をお伝えします!

フルーツを美容・健康に活かしたいなら、食べるタイミングも大事に!

フルーツを食べると、美容にも健康にもなんとなく良いことをしている気がする、という方が多いかと思います。しかし、ただ食べているだけではそれらの栄養素をうまく取り入れられないこともあるそうです。

うまく活用できないだけならまだしも、食べるタイミングや選ぶフルーツの種類によっては、逆効果ということもあり得るそうなので、果物の栄養成分が体にどのように吸収されるのかを知って、余すことなくフルーツの恩恵を受けましょう!

フルーツは食前・食間の空腹時に食べるのが◎

フルーツには各種ビタミン類、食物繊維やミネラルなど多くの栄養成分が含まれています。これら栄養素の恩恵を受けるには、フルーツに含まれている酵素の働きをなくしては成り立ちません。酵素は、食べ物の消化吸収に働きかけるだけでなく、体のあらゆる活動に使われる大事な成分でもあるため、フルーツは体に欠かせない食材と言えます。

この、フルーツに含まれる酵素のおかげで、フルーツはメインの食事よりも短い時間で胃から腸へと到達し、消化吸収され、私たちの欲しい美容・健康効果への働きかけを行うと言われています。これが、食前、食間に食べると良いと言われている理由です。

通常の食事は約2時間〜4時間かけて腸に届くそうですが、フルーツは約30分程度で腸に届くのだそうです。つまり、体に吸収されるのが早いフルーツを食後に食べてしまうと、先に体に入った食材に消化吸収を妨げられてしまうということです。

もっとストイックにフルーツの美容・健康効果をしっかり得たいなら、食事の60分前に食べるのが尚良いと言われていますが、これまで食後に食べていた方ならば、食前に変えるだけでも変化があると言われています。

朝フルーツはりんご・バナナがおすすめ!柑橘系は要注意

紫外線対策にビタミンを摂ろうと朝にフルーツを取り入れている方も多いかと思いますが、フルーツの中で「ソラレン」と呼ばれる光毒性のある成分を多く含む種類には要注意。このソラレンは、光を浴びることによって活性化し、紫外線を吸収するなど肌に悪影響を及ぼすと言われています。

【ソラレンを多く含むフルーツ】
・オレンジ
・みかん
・レモン
・キウイなど

【ソラレンが少ない果物】
・りんご
・バナナ
・いちご
・桃
・葡萄など

りんごやバナナは満腹感を得られるので朝食に食べ、柑橘系は夕方のおやつに食べたり、ジュースやスムージーで取り入れるのが良さそうですね。

いかがでしたか?今日から食後のデザートフルーツをやめて、食前や食間にフルーツを!フルーツの美容・健康成分を余すことなく摂り入れましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事