芸能人もしているヘアドネーションって何?条件や注意点とは?

芸能人もしているヘアドネーションって何?条件や注意点とは?

医療用ウィッグ用の毛髪を寄付する、ヘアドネーション。有名芸能人の参加で話題になり、徐々にヘアドネーションの活動が広まりつつあります。ヘアドネーションのしくみや提供する際に気を付けるポイント、髪の送り方についてまとめてみました。

ヘアドネーションって一体何?

ヘアドネーションは、医療用ウィッグの材料となる毛髪を提供する、ボランティア活動です。対象は、病気などの理由で髪を失った、18歳までの子供たち。髪を失った子供たちは、外見的な理由から、外出することが苦痛、困難になる場合があります。帽子を被ってカバーすることもできますが、それでもやはり目立つことのハンデはなくせません。

そのためウィッグが必要とされますが、安価な化学繊維でできたものは、光の加減によりひと目でウィッグだとわかってしまいます。しかし人の毛髪を使用したウィッグは、原材料だけでも数万円、オーダーメイドとなると、完成品は数十万円もの高値になります。小さな子供の頭には既製品のウィッグではサイズが合わないので、基本はオーダーメイドです。病気の治療費も考えると、経済的負担は計り知れませんよね。そこで、ヘアサロンで産業廃棄物として捨てられるカットされた髪を有効活用しようと発足したのが、このヘアドネーションという運動です。

寄付された髪の毛は、洗浄や選別、化学処理などの工程を経て、子供のための医療用ウィッグに作り変えられます。そして医療用ウィッグを必要としている全国の子供たちの元へ贈られます。

ヘアドネーションで髪を送るには、髪の長さや状態など、規定の条件通りに行う必要があります。せっかく髪をカットして送っても、規定を満たさずウィッグ用に使えない場合、廃棄処分になってしまうからです。

では、具体的なヘアドネーションのやり方や条件について解説します。

ヘアドネーションができる条件とは?

髪の長さは31センチ以上

ヘアドネーションをする際に気を付けたいのが、髪の長さです。送る際の目安として、規定では31センチ以上と定められています。オーダーメイドのウィッグを製作する際、ヘアスタイルや長さの調整は、実際の使用者が装着した状態で、美容師がカットして仕上げます。選別・化学処理を行う過程で、長さが短くなってしまう可能性があるので、31センチ以上とできるだけ長さがある方が好ましいのです。ロングヘアのウィッグを作る場合は、さらに髪の長さが必要なので、長ければ長いほど重宝されます。ただし規定の31センチ未満の長さの髪であっても何らかの方法で利用されるので、まったく無駄になるわけではありません。

ダメージがひどすぎなければOK

提供された髪の毛はウィッグとして使われる前に化学処理が施されるので、パーマやカラー、ブリーチがされていても大丈夫です。しかし少し引っ張っただけでプツンと切れてしまうほどのダメージヘアは、ウィッグ用として適しません。

髪質や年齢は不問

くせ毛の髪も、化学処理されてウィッグに適した状態へと加工されるので大丈夫です。年齢や国籍、性別に関しても規定はありません。

髪が乾燥した状態であること

ヘアドネーションで髪を提供する際、もっとも気を付けなくてはならないのは、濡れた状態の髪を送らないことです。濡れた髪をそのまま梱包すれば、カビがはえたり、雑菌が繁殖して異臭を放つことがあります。集められた他の髪の毛にも菌がうつってしまう可能性があるので、必ず守るようにしてください。

ヘアサロンではNG?ヘアドネーションするときの注意点

ヘアドネーションは、規定の条件を満たしていれば、自分でカットして送ることができます。でもヘアカットをヘアサロンでしている人は、できればヘアカットのついでにヘアドネーション用の毛束を作りたいですよね。最近はヘアドネーション活動に賛同・協力しているサロンも増えつつありますが、ヘアドネーションをするとなると通常のヘアカットに加えそれなりの手間が発生するので、協力してもらえるかどうかはサロンの判断にゆだねられます。事前に電話で確認しておくといいですね。

ヘアドネーション用の髪は、必ず毛束にして送る必要があります。どんなに長くてきれいな髪であっても、毛束にされていない・輸送中にバラバラになってしまった髪は加工ができないので、廃棄処分されてしまいます。ヘアドネーションの正しい手順は以下の通りです。

1.いくつかの毛束に分けてゴムでしばる

切り口がそろった毛束を効率的に作るには、カットする前にゴムで毛束にしばっておきます。毛束が太いと一気にハサミで切ることができないので、ある程度の太さになるよう、毛束はいくつか作りましょう。どの毛束も、毛先からの長さが31センチ以上になっているかチェックしてください。

2.カットした髪の束を一本にまとめる。

ヘアドネーションの毛束は、細く束ねるときは切り口から1センチ下の部分を、太く束ねるときは切り口から2センチの下の部分をゴムでしばるようにと規定されています。それなので小分けにして束ねた髪をカットするときは、結んだゴムから1センチ上の部分をまっすぐ切ります。数本の毛束をひとつにまとめるときは、切り口から2センチ下の部分をゴムでしばるとよいでしょう。

注意すべき点は、ヘアドネーションは完全に乾いた髪を送るため、通常のヘアカットのようにあらかじめ髪を濡らしてはいけないということ。清潔な髪を送るには、前もって洗髪してしっかりとドライヤーで乾かしてから、ヘアドネーション作業にとりかかる必要があります。ヘアサロンで洗髪から行うとかなりの時間を要するので、自宅で洗髪からドライまで済ませていくなど、当日の作業の流れをしっかり確認しておきましょう。

ヘアドネーションの送り先

カットした髪の毛は、ヘアドナーシートを同封して、全国にあるヘアドネーションの送り先に送付します。ヘアドナーシートは、性別や年齢、ヘアカラーやパーマの有無などの情報を記載する用紙です。ヘアドネーションの受領証を希望する人は、返信用封筒に自分の名前と住所を記載して同封すると、後日返送してもらえます。郵送時の送料は、提供者の負担となります。着払いや料金不足の場合、受け取ってもらいえないので注意しましょう。

代表的なヘアドネーションの送り先を記載しておきます。

〒981-8003宮城県仙台市泉区南光台2丁目13-1
NPO 法人HERO
ヘアドネーションプロジェクト係
電話:022-347-4591
URL:http://hairdonation.hero.or.jp/

〒531-0072
大阪府大阪市北区豊崎5-7-11 アベニュー中津803号
JHD&C ヘアドネーション係
電話(宅配便記載用連絡先):06-6147-5316
URL:https://www.jhdac.org/index.html

〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田3丁目3-45 マルイト西梅田ビル2F
(株)グローウィング つな髪事務局
電話:06-6225-8170
URL:http://www.organic-cotton-wig-assoc.jp/

まとめ

伸ばした髪さえあれば、誰でも参加できるヘアドネーション。もちろん、ヘアドネーションの活動費も随時必要とされています。全国の医療用ウィッグを待っている子供たちのために、なにか自分にできることから始めたいですね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
関連キーワード

関連記事