ウソでしょ!お肉で脂肪燃焼?実はダイエットの味方だった赤身肉!

ウソでしょ!お肉で脂肪燃焼?実はダイエットの味方だった赤身肉!

肉と聞くと「太る」イメージがあるせいか、我慢してしまうこともあると思いますが、実は肉を食べると太るというのは誤解です。肉は脂肪燃焼に有効な要素で、むしろ食べない方が太りやすくなると言われるほど、実はダイエットに有効な食材だったのです!

お肉でダイエット?赤身肉が太りにくい体作りに!

「ダイエット中だから」「太るから」そんな理由で肉を食べないようにしている人がいるとしたら、それはとても大きな誤解をしています。

ダイエットをしている人でも「なかなか脂肪が落ちない」というケースは少なくないと思います。その原因の一つが、代謝の低下です。特に食事制限のダイエット中は基礎代謝が落ちてしまっているため、脂肪を燃やしにくい状態にあります。

この基礎代謝を上げるには筋肉量が大きく影響するのですが、その筋肉を作り上げるのに、タンパク質が豊富な肉は欠かせない食材です。筋肉量が増えれば、基礎代謝が上がり、自然と太りにくい体になると言われているのです。

また、肉でも特に重要なのが「赤身」です。赤身には「L‐カルニチン」という成分が含まれていて、これが脂肪燃焼を大きくサポートしてくれるのです。このL‐カルニチンはもともと人間の体内にあるものなのですが、加齢とともに、減少するため食事で摂取することがとても重要なのです。

赤身肉はダイエットだけじゃない!肌にも髪にも重要だった!

もうひとつ、赤身肉がダイエットにおすすめな理由として、赤身に含まれる「鉄分」があげられます。

タンパク質と結びついた鉄分は、全身に酸素を送り込むヘモグロビンとなります。全身へ酸素や栄養素を行き届かせるだけでなく、脂肪や老廃物の代謝がよりスムーズになる作用もあるので、赤身肉は健康的に痩せるにはとても重要な食材なのです。

また前述の通り、肉の主成分のタンパク質は筋肉のもとになりますが、これは体温にも大きく影響します。タンパク質は肌や髪にも重要な成分のため、タンパク質が不足すると肌はカサカサになって髪もパサパサになることも。

ただし、赤身ならどれだけ食べてもいいというわけではないので、食べる量には注意しましょう。また、体を温める作用のある「にんにく」や「おろし生姜」、消化促進作用のある「わさび」、肉の消化を促進する「大根おろし」や血液をサラサラにする「クレソン」など、薬味で他の美容効果を加えるのもおすすめです。

もし肉を我慢している人は、ぜひ赤身肉を食べて、健康的なダイエットを試してみてください。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事