梅雨本番前にマスターしよう!決まらない雨の日のメイク崩れ対策!

梅雨本番前にマスターしよう!決まらない雨の日のメイク崩れ対策!

梅雨の時期になると憂鬱になりますよね。ただでさえどんよりとした天気で気分も落ち気味なのに、崩れてしまうメイク!本当にうんざりします。でもちょっとした工夫で、このメイク崩れを解消することができたら?雨の日のメイク対策についてまとめました!

【雨の日のメイク崩れ対策】まずは洗顔から!

梅雨の季節は天気予報が気になりますよね。週間天気予報に傘マークがズラッと並んだときには、そりゃもう絶望的な気分になります。

雨の日の決まらないメイク。原因はさまざまですが、高い湿度によって皮脂分泌が過剰になって、肌がベタついてしまうことでメイク崩れが起きやすいと言われています。

高温多湿の環境は、毛穴が開きやすく、余分な汗や皮脂の分泌がされやすくなるため、メイクのノリにも大きく影響するのです。梅雨入り前までキレイにメイクできていたのに、雨の日はおブス。そんな人は梅雨入り前にメイク崩れを防ぐ方法をマスターしましょう!

まず雨の日のメイクを成功させるには、洗顔が重要です。

ぬるま湯でやさしく洗ったあと、しっかりと泡立てた洗顔料で皮脂汚れを落とします。このとき時間をかけてゴシゴシと洗ってしますと必要な皮脂まで落としてしまうので、メイクのノリが悪くなったりメイク崩れの原因になります。

ささっと洗ったあとは、最後に冷水ですすげばキュッと毛穴が引き締まるので、メイク崩れを防ぐことにつながります。

化粧水でしっかりと保湿をし、乳液やクリームでフタをして余分な皮脂分泌を防ぎます。余計な油分はティッシュなどで軽く拭き取ると、さらに効果的です。

【雨の日のメイク崩れ対策】ベースメイクの厚塗りはNG!

メイク崩れを防ぐのは、ベースメイクで決まります。

下地やファンデーションの厚塗りは崩れやすくなるのでNG。薄く伸ばしてメイク崩れを防ぎましょう。

できれば雨の日はパウダーファンデーションがおすすめです。リキッドファンデーションはしっとりさせたいときに有効なので、湿度の高い雨の日にはあまり向いていません。

また、メイクは普段よりも明るい色味のものを使用すると良いでしょう。晴れた日に比べて薄暗い雨の日は、お肌もくすんで見えがちです。リップやチークなど、ポイントを明るくするだけで、暗い印象を避けることができるでしょう。

雨の日のメイクがしっかりしている人は、周りの人と比べて一段とキレイに見せることにもつながりますから、洗顔と下地で雨にも負けないメイク術を手に入れましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事