旬の野菜「みょうが」の栄養成分や期待できる美容・健康効果について

旬の野菜「みょうが」の栄養成分や期待できる美容・健康効果について

シャキシャキとした歯ごたえや独特の風味が魅力的な香味野菜、みょうが。冷奴やそうめんの薬味としてよく用いられていますが、料理のアクセントになるだけでなく女性に嬉しい効果が期待できることをご存知でしょうか?みょうがの魅力をご紹介します。

みょうがに含まれる栄養成分・期待できる効果

みょうがは生姜の仲間で、食用としているのはつぼみの部分です。下記のように、様々な効果が期待できる万能香味野菜ですが、みょうがを食べているのは日本だけなのだとか!

【みょうがに含まれる栄養成分・期待できる効果】

<アルファピネン(デトックス効果)>
みょうがに含まれる精油成分「アルファピネン」の香りには発汗・利尿作用を促し、体内に溜まっている老廃物をスムーズに排出させる働きがあります。

<カリウム(むくみ解消)>
みょうがに含まれるカリウムには血液中のナトリウムとバランスをとり、余分な塩分を尿として排出する働きがあることから、積極的に摂取することで体のむくみを予防・解消の効果が期待できます。

<ゲラニオール(女性ホルモンの分泌を促進)>
ゲラニオールには女性ホルモンの一種であるエストロゲンの分泌を促し、ニキビなどの肌トラブルをはじめ、PMS・更年期障害の症状を抑える効果が期待できます。

みょうがを使ったおすすめの美容レシピ〜焼きしゃぶサラダ〜

みょうがをより美味しく食べられるおすすめの美容レシピ、焼きしゃぶサラダの作り方です。辛いのが得意な方はタレの中にコチュジャンを加えても大変美味しいですよ!

【焼きしゃぶサラダの作り方】

<材料>
・牛ロース肉(しゃぶしゃぶ用) 200g
・みょうが 3本
・きゅうり 1本
・サラダ玉ねぎ 1/2個
・サラダ油 小さじ1

<タレの材料>
・ごま油 小さじ2
・ポン酢 大さじ4〜5
・大根おろし 5cm分

<作り方>
1.ボウルにタレの材料をすべて混ぜ合わせ、ラップをして冷蔵庫で冷やしておきます。
2.きゅうりとみょうがは千切り、サラダ玉ねぎは薄切りにカットします。
3.フライパンにサラダ油をひき、牛ロース肉をさっと焼きます。
4.お皿に2の野菜と3のお肉を盛り付けます。
5.お肉で野菜をくるっと巻き、1のタレをつけながら召し上がってください。

<みょうがの保存方法>
みょうがは乾燥してしまうと香りやシャキシャキとした食感が弱まります。ぬれ布巾や湿らせたキッチンペーパーなどにくるみ、水分を補いながら冷蔵庫へ入れるようにしましょう。

いかがでしたか?旬のみょうがを取り入れて、みょうがの持つ美容・健康効果の恩恵を受けましょう!

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事