目立たない歯科矯正治療「インビザライン」の費用や注意点について

目立たない歯科矯正治療「インビザライン」の費用や注意点について

歯科矯正治療といえばワイヤーを使った矯正が一般的。しかし、矯正装置が目立つことから治療を長年ためらっているという方もいるのではないでしょうか?そこで今回ご紹介するのが、アメリカで開発された「インビザライン」という治療法です。

最先端の歯科矯正技術!インビザライン、その費用とは

従来のワイヤー矯正では、四六時中装置をつけたままなので食事や歯磨きが以前よりも多少大変になったり、何より「周りの人にできるだけ気づかれたくない…」と感じている方が多いと言われています。

そうした矯正装置とは全く異なるのが、最新のコンピューター・テクノロジーを駆使した「インビザライン・システム」。ワイヤーやブラケットも使用せず、透明なマウスピースなので、口元を気にせず笑ったり、自然な表情で会話することができるそうです。しかも、自分で取り外し可能なので食事も普段通りに楽しむことができます。

<治療費について>
歯科矯正治療は原則として保険がきかないため、自己負担となります。もちろん一人一人の症状によって異なりますがインビザラインの場合、部分治療で30〜50万円前後。フル矯正で80〜100万円程かかるそうです。

歯科矯正治療「インビザライン」の注意点

まさにいいことづくめのように思える歯科矯正治療「インビザライン」。しかし、以下のような注意点もあるようです。

<インビザライン治療の注意点>
インビザラインは他の治療と違い、自由に取り外しできるものの、やはり1日あたり20時間以上の装着が必要と言われています。装着時間が守れないと治療期間が延びてしまう可能性があるため、食事や歯磨きの時だけ外す程度に控える必要がありそうです。

ところで、アメリカの心理学者「アルバート・メラビアン」が提案したメラビアンの法則によると人の第一印象は初めて会った時の3〜5秒間で決まり、それが、視覚情報の約55パーセントで決められているのだとか。

特に美しい口元からこぼれる魅力的な表情は第一印象をよくし、人前でも自然と笑うことができるようになります。

現在、歯並びに関するお悩みがある方は、お近くの歯科医院で最新治療の「インビザライン」についてお話を聞いてみてはいかがでしょうか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事