#プレ花嫁必見!イマドキ花嫁に必要な“抜け感”の作り方

#プレ花嫁必見!イマドキ花嫁に必要な“抜け感”の作り方

著名人のウエディングも数多く手掛け、日本中のプレ花嫁たちから「彼にヘア&メイクして欲しい!」と熱い支持を得ている、ヘア&メイクアップアーティスト...

著名人のウエディングも数多く手掛け、日本中のプレ花嫁たちから「彼にヘア&メイクして欲しい!」と熱い支持を得ている、ヘア&メイクアップアーティストの二法田サトシ氏。花嫁たちの魅力を最大限に輝かせる最新ヘア&メイクを、彼自身の詳しい解説でナビゲートします! 今回は、スタイリッシュなメイクで花嫁の可愛らしさを引き出したメイクを提案。ただ愛らしいだけで終わらせない、技ありのヘア&メイクをぜひ参考に!

愛らしい印象の花嫁にはスタイリッシュな抜け感と艶を

結婚式当日の朝、お部屋に伺うと素敵な笑顔で迎え入れてくれた新郎新婦のふたり。ゆっくりと流れる時間の中で、マッサージ、ヘア&メイクを施していきます。そして純白の美しいドレスを纏(まと)った花嫁。
鏡の中に映るその姿は、今日という日に想い描いてきた、とてもチャーミングな花嫁のイメージとぴたりと重なります。
彼女の愛らしさを引き立てるスタイリッシュなメイクに仕上げていきます。印象的なのに抜け感も感じるポイントとして、目元に添えた赤味が映えます。

挙式のヘアスタイルはメイクに合わせた抜け感のあるアップスタイルに。
暗めの髪には艶がよく似合うのですが、花嫁の柔らかい雰囲気、ドレスや小物とのバランスを考え、まとまりつつも空気感のあるスタイルを提案しました。
あまり巻きすぎず、ストレートな部分があることでスタイリッシュな印象に。アイロンやスタイリング剤で艶感を出すのも大切なポイントです。

スタイリッシュな洒落感を引きたてる小物は、シンプルで洗練されたコーディネートに華を添えます。この日のために選ばれた大切なアイテムを身につけて、披露宴のスタイルは完成です。

ヘア&メイクが完成し、お支度がすべて整った花嫁のウエディングスタイルを、この日初めて目にした花婿。その温かいまなざしは、優しさと愛情に満ちていて、こちらまで幸せな気持ちになりました。花婿の雰囲気に合わせたドレスやブーケ、ビジューのイヤリング、ヘア&メイクのバランスが調和し、ふたりが並ぶ姿は目を奪われるほどです。

お部屋を出発しロケーション撮影へ。大階段はドレスのライン、ディティールをキレイに見せてくれるので、ホテルで挙式される方におすすめのフォトスポットです。全身の写真を撮る時には、階段を使うのも良いですね。

いよいよ挙式・披露宴の幕開け

降り注ぐ光に包まれ、大切な方々に見守られながら、祝福の拍手のなかで愛の誓いを交わします。ふんわりとしたボリュームのあるドレスで可愛らしい印象を受けますが、ヘア&メイクがスタイリッシュな印象なので、甘すぎないバランスをとっています。

披露宴では、ベールとショートグローブを外して、タッセルのイヤリングへチェンジしました。大ぶりなイヤリングは、ヘアやメイクを変えずとも、それだけで十分印象的に! 光の入る会場は、空気感のあるヘアスタイルを引き立ててくれます。

披露宴会場はブルーを基調に。グリーンとブルーの鮮やかな会場がゲストを迎えます。ウエディングケーキのケーキトッパーは、ふたりらしさがうかがえるアイテムで、可愛いらしく仕上がっていました。ウェルカムスペースに並べられたお写真の数々もときめくアイテムばかりで、とても幸せな空間に。

大胆チェンジなお色直しで洗練された女性へ

ウエディングドレスからふたつめのウエディングドレスへのチェンジは、ヘア&メイクでガラリと印象を変えます。
目を引くポニーテールは、秘めた強さを持つ女性という印象を与えます。顔まわりはタイトにまとめ、太めの毛先はエクステンションを使用しました。メリハリのあるタイトなスタイルを作るときは、細かな毛もしっかりと入れ込み、艶を出すことがポイントです。
リップにも赤味をプラスし、抜群の存在感を演出します。

挙式でのふんわりウエディングドレスとは打って変わって、マーメイドラインのウェディングドレスに大胆なブーケ。花婿もブルーのシャツにチェンジし、エッジが効いてたカッコいいスタイルに変わりました。

歓声のなか入場です。ポニーテールの毛先にはワンカールで動きをつけています。ただまっすぐなだけですと、固さが出すぎてモードすぎる雰囲気になってしまうからです。
歩くたびに、ドレスの裾がなびくデザイン性の高いドレスはどの角度から見ても美しく、こちらのスタイリングもとても素敵でした。

楽しい時間はあっという間に過ぎ、ふたりの温かい人柄が伝わる素敵なパーティーでした。

★今回のワンアイテム紹介★

抜け感あるアイメイク選んだアイシャドウ・・・スックのデザイニング カラーアイズ 04 絢撫子 -AYANADESHIKO

デザイニング カラー アイズ 04 絢撫子 -AYANADESHIKO ¥6,800(税抜)/スック

洗練された抜け感メイクには赤のシャドウがおすすめ。印象的なのに抜け感を感じさせる理由は、もともと赤味は肌にある色なので馴染みも良く、少し変化を付けたいときにぴったりのカラーです。スックのデザイニング カラー アイズは、左下のレッドピンクが愛らしさがありつつ、大人の女性にもぴったりな色合いなので、ぜひお試しください。

文/二法田サトシ

関連キーワード

関連記事