野菜でキレイ度アップ!ポン酢×あの調味料で作る簡単レシピ

野菜でキレイ度アップ!ポン酢×あの調味料で作る簡単レシピ

ポン酢に含まれているアミノ酸には、疲労回復や美肌効果があるのを知っていますか? 暑さが増してくるこの時期は、エネルギーを消耗しやすいので疲れやす...

ポン酢に含まれているアミノ酸には、疲労回復や美肌効果があるのを知っていますか? 暑さが増してくるこの時期は、エネルギーを消耗しやすいので疲れやすくなりますし、日焼けも気になるところ。そんなときは、簡単で美味しい料理で体の内側からケアを。今回は新鮮な野菜を、ポン酢と定番の調味料で調理したレシピをご紹介します。

ポン酢×オリーブオイルで作る「焼き野菜のマリネ」

焼いた野菜をマリネ液に浸けるだけの簡単レシピ。冷蔵庫で冷やしていただく、暑い日や食欲がない日にもピッタリの一品です。色のバランスを考えながら、お好みの野菜でどうぞ。

■材料
なす 2本
れんこん 5cm
アスパラガス 3本
パプリカ 1/2個

■マリネ液の材料
ポン酢 大さじ6
オリーブオイル 大さじ3
ローリエ 1枚

■作り方
1.  れんこんは1cm幅、アスパラガスは4cm幅、なすとパプリカは縦にカットします。
2.  ボウルにポン酢とオリーブオイルを入れて、よく混ぜ合わせたら、大きめの容器に移してローリエを加えます。
3.  フライパンにオリーブオイルを熱し、野菜をそれぞれ焼き、2に漬けていきます。
余熱が取れたら、冷蔵庫で冷やしましょう。

れんこんや長芋など、食感を楽しめる野菜をセレクトするのがおすすめ。他にかぼちゃ、玉ねぎを入れても◎。 時短で作りたい場合は、野菜をレンジでチンして漬けてもOKです。

ポン酢×ごま油で作る「水菜の中華風サラダ」

シャキシャキとした食感とボリュームで、満足感のある水菜のサラダは、中華風のドレッシングで和えて、さっぱりといただきましょう。大葉、みょうが、生姜の3つの薬味を効かせたシンプルな一品です。

■サラダの材料
水菜 1/2束
玉ねぎ 1個
大葉 3枚
みょうが 1個

■ドレッシングの材料
ポン酢 大さじ3
ごま油 大さじ1
おろし生姜 小さじ1
塩 ひとつまみ
すりごま 適量
こしょう 適量

■作り方
1.  ボウルにドレッシングの材料を入れてよく混ぜ合わせておきます。
2.  水菜は3cm幅、玉ねぎとみょうがは薄切り、大葉は千切りにします。(玉ねぎは水にさらします)
3.  ボウルに水菜、玉ねぎ、みょうが半量を入れ、ドレッシングを加えてさっくりと合わせます。
4.  お皿に盛りつけて、残りのみょうが、大葉、すりごまをトッピングしたらできあがり。

水菜には美肌効果のあるビタミンCや、腸内環境を整えてくれる食物繊維が多く含まれています。ランチタイムのメインとして楽しみたいなら、鶏ささみや豆腐などを加えた、ヘルシーなサラダに仕上げるのがおすすめです。

ポン酢×めんつゆで作る「小松菜の簡単浅漬け」

小松菜だけで作る簡単な浅漬けは、おつまみとしても喜ばれる一品。容器に入れて冷蔵庫に入れておけば、一週間ほどもつのでとても便利。最低でも1日漬けて味をしみ込ませることが、美味しくなるポイントです。

■材料
小松菜 1束
ポン酢 大さじ2
めんつゆ(3倍濃縮)大さじ1
水 大さじ1
鷹の爪 小さめ1個

■作り方
1.  ボウルにポン酢、めんつゆ、水を入れて混ぜ合わせ、容器に移した後、半分にちぎって種を取り除いた鷹の爪を加えます。
2.  鍋に湯を沸かして塩を入れ、小松菜をさっと茹でます。水にとったあと、水気をしぼり3cm幅に切ります。
3.  2を1に入れて、軽く和えます。冷蔵庫に入れて一晩寝かせたらできあがり。

大根やカブの葉でも同じように調理することが可能なので、捨てずに取っておきましょう。もちろん葉以外も一緒に茹でて、漬けこんでも美味しいですよ。

今回ポン酢はゆず入りを使用しましたが、家にあるものでOK。めんつゆの濃さも、お好みでどうぞ♪  どの料理もとにかく簡単なのが魅力ですし、サラダ以外は保存可能なので、多めに作っておけば、仕事で疲れて帰ってきたときも美味しい食卓に。身近な食材だけで作れるので、早速お試しくださいね!

文・レシピ/KUMICO

関連キーワード

関連記事