爪が小さい原因は何?ほっそりと長い美爪へ矯正する方法について

爪が小さい原因は何?ほっそりと長い美爪へ矯正する方法について

「サロンに足を運び、可愛いデザインのネイルを楽しみたい!」「でも自分はもともと爪が小さいから似合わないかも…。」と諦めてはいませんか?爪の形は、お手入れ次第で自宅でも簡単に矯正することが可能なんです!今回はそのお手入れ方法をご紹介します!

爪が小さい原因とは?

爪は身だしなみを整えたり、おしゃれ楽しむだけでなく、色ツヤ・形を見るだけで健康状態もわかると言われる、大切なパーツの一つです。生まれ持った形によるものだけでなく、爪が小さくなる原因として以下のようなものも挙げられます。

【爪の形が小さい遺伝以外の理由とは】

<食生活によるもの>
ファストフードやコンビニ弁当などを食べ続ける不規則な食事内容では、爪に必要な栄養が行き届かず、ツヤを失ったり、欠けてしまう可能性があります。心当たりがある方は普段の食生活を見直し、野菜・肉・魚・大豆製品などバランスよく摂取するよう心がけましょう。

<爪白癬(そうはくせん・つめはくせん)>
爪白癬とは、爪の水虫のことでかゆみを伴わず気づきにくいため、いつのまにか症状が悪化しやすいです。家族であってもスリッパやタオルなどは一緒のものを使用することは控え、違和感を感じる場合は早めに皮膚科へ足を運ぶようにしましょう。

<冷え性>
体が冷え、血行が悪くなってしまうと爪に必要な栄養・酸素が行き届かず、上手く生えてこなかったり、もろくなってしまう場合があります。暑い夏の時期もできるだけ常温のものや白湯などを飲んで冷え対策をおすすめします。

理想的な美爪へ矯正する方法

それでは、美爪へ矯正するおすすめの方法について3点ご紹介します!

【自宅でできる、爪ケアで美しい手元に!】

<爪やすりを使う>
爪と一緒にハイポニキウム(爪と皮膚の間にある透明な皮)を伸ばしてあげると、爪のピンク色部分の面積が広がり、縦長で美しい爪へ整えることができます。

爪の長さ・形を整える際、爪切りはとても簡単に使えて便利ですが、ハイポニキウムも一緒に剥がれてしまう可能性があるそう。爪のお手入れの際は爪やすりを使用し、ハイポニキウムにダメージを与えないようにしましょう。

<保湿ケア>
皮膚の一部である爪にとって乾燥は大敵!スキンケアと同じようにオイルやクリームを塗るなどしてこまめに保湿ケアを行うよう心がけましょう。また、爪表面だけでなく爪の間に1〜2滴オイルを落とすことで爪の側面やハイポニキウムまでしっかり保湿することができます。

<新陳代謝をUP>
爪は新陳代謝を高めることで再生能力がアップし、より短い期間で新しい爪が伸びやすくなります。そのためには普段から適度な運動を心がけ、睡眠時間をしっかり確保するなど規則正しい生活習慣を送ることが大切です。

美しい爪は日々のちょっとした努力で作ることができます。是非この機会に指先美人を目指しましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事