無理な靴は危険!スニーカーやパンプスの足の疲れやむくみも解消?

無理な靴は危険!スニーカーやパンプスの足の疲れやむくみも解消?

おしゃれは足元からと言いますが、靴とむくみは切っても切れない関係と言っても過言ではないでしょう。パンプスやスニーカーを長時間靴履いているとどうしてもむくんでしまいがちですよね。でもそれ、もしかしたら靴選びから間違っていたのかもしれませんよ?

足がむくみやすい靴とは?

夕方になるともう足がパンパンにむくんでいる。ずっと立ちっぱなしや座りっぱなしの仕事をしている人のなかには、こうしたむくみに悩まされることも少なくないでしょう。

普段履いている靴によってもむくみやすさは大きく変わってきますが、やはり、パンプスやブーツを履く機会が多い人はむくみやすいようです。なかでもヒールの高い靴を履いている人ほどむくみやすいのだとか。

これらの靴がむくみやすいのには、スニーカーなどに比べて足首の動きが限られてしまうことが大きな要因と言われています。足首の動きが制限されてしまうと、リンパや静脈の流れを助けるふくらはぎの運動が十分に機能しないのだとか。

何を隠そう、実はこのふくらはぎの動きこそが、足のむくみに大きく影響すると考えられています。心臓から流れた血液を送り戻す働きを担っていて、ふくらはぎの動きが十分に機能しないと、水分が溜まってしまって足がむくんでしまうのです。

さらにブーツの場合は、ブーツの締め付けによって足の血流が悪くなりますので、非常にむくみやすいタイプの靴と言えるでしょう。

むくみ解消のために!靴選びは慎重に!

むくみにくい靴を選ぶ場合は前述のことからも、ヒールが高い靴は避けて、足首の動きがスムーズにできるものがおすすめです。また、サイズがピッタリすぎないものを選ぶことも重要です。

休日の午前中に靴を買うのもあまりおすすめできません。夕方にむくむことを考えると、靴を履いたときにとても窮屈になることがあります。ある程度足を使った夕方などに靴選びをすると、サイズを決めるときにも失敗が少ないでしょう。

靴と足のむくみの関係は靴選びが重要なのは確かですが、それ以前に水分排出がうまくできていないケースも多々あります。たとえば「カリウム」を含む食べ物やサプリを摂取することで、体内の不要な塩分や水分を排出しやすくなりますので、こうした栄養面も意識すれば、足のむくみは解消されやすくなります。

靴選びと不要な塩分や水分の排出。これらを意識して足のむくみを解消していきましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事