老化を防ぐならメロンを食べよう!ダイエットなど驚きの美容効果も?

老化を防ぐならメロンを食べよう!ダイエットなど驚きの美容効果も?

高級フルーツに数えられる「メロン」。爽やかな甘さと食べた後の幸福感はなんとも言えないですよね!そんなメロンですが、実は美容面でも優れた栄養素を含んでいます。さらに意外なことにダイエット効果まであるのだとか!詳しく見ていきましょう!

メロンは低カロリー?ダイエット効果に美容効果も!

メロンの甘さは人を幸せにする。ちょっと大げさかもしれませんが、冷蔵庫にメロンが入っていたら、ワクワクしますよね。甘いことからカロリーも高いと思われがちなのですが、実はメロンは低カロリー。

というのも、メロンは大量の水分を含んでいて、食べられる部分のおよそ9割が水分なのです。糖分を含んでいるのは残りのわずか1割なので、実はダイエットにも向いている食材なのです。

さらにメロンにはむくみ解消の効果が期待できる「カリウム」が豊富に含まれているので、身体に溜まった余分な水分や塩分を排出する働きが期待できます。メロンはスイカと比較されることもありますが、実にスイカの約3倍も多くカリウムが含まれているのだそう。

また、ほかの美容面から見てもメロンには嬉しい効果があります。それは豊富に含まれたビタミンAによる抗酸化作用の働きです。身体の中に活性酸素が増えすぎてしまうと細胞を破壊したり、生活習慣病の原因になったり、さまざまな影響が出てきます。ビタミンAは、これら活性酸素の働きを抑制して若々しく健康な身体を保つことにつながります。

特に赤肉系のメロンにはビタミンAが豊富に含まれているので、肌の老化などが気になる人にもメロンは効果的です。

ほかにも、メロンには「オキシカイン」と呼ばれる栄養素があり、ほかの栄養素が持つ抗酸化作用よりも身体の中に溜まりやすいため、働きの持続が期待できるのだとか。

メロンの食べる時間には要注意!ダイエットにも逆効果?

ただし、低カロリーでこれだけの美容効果があるのなら!とメロンをたくさん食べてしまうのは危険です。

メロンの糖分は、脂肪になりやすいと言われている「果糖」なので、たくさん食べたり、夜寝る前に食べるのはやめておいた方がよいでしょう。

メロンは水分量が多いので主食にすることは、腹持ちもしないのでなかなか難しいで、朝食や、お昼のデザートなどに食べて美容効果のある栄養を摂取するのがおすすめです。ダイエット中のご褒美としてもいいですね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事