黒ずみ毛穴にはビタミンC誘導体を!APPSがおすすめの理由と使い方

黒ずみ毛穴にはビタミンC誘導体を!APPSがおすすめの理由と使い方

黒ずみ毛穴は、ファンデーションを乗せてもうまく隠し切れず、時間が経つとポツポツと目立ってきてしまいますよね。洗顔をしてもピーリングをしても黒ずみ毛穴が改善されない方は、ビタミンC誘導体を使ってお手入れをしてみませんか?

毛穴の黒ずみにビタミンC誘導体がおすすめなワケ

毛穴の黒ずみは角栓や毛穴に詰まった汚れが原因であることが多く、紫外線やターンオーバーの乱れにより毛穴周辺にメラニン色素が溜まって黒ずんでしまう毛穴もあります。

そして、ビタミンC誘導体には、皮脂分泌をコントロールする働きや、美白効果、コラーゲンの生成をサポートする効果などが期待できると言われています。

ビタミンC誘導体が皮脂の過剰分泌をコントロールしてくれると毛穴の黒ずみの原因となる角栓や皮脂詰まりが徐々に解消されて、自然とニキビもできにくくなりますよ。また、ビタミンC誘導体の美白効果により紫外線やターンオーバーの乱れによるメラニン毛穴にも効果的です。

毛穴に効果的なビタミンC誘導体の選び方と使い方

ビタミンC誘導体とは、不安定で酸化しやすく肌への浸透力が低いビタミンCを、安定性と浸透力を高めるように改良した成分です。

ビタミンC誘導体には、水溶性と油溶性、両方の性質を持ったものがあり、化粧水や美容液などに配合されることが多いのは水溶性。乳液やクリームなどに配合されることが多いのが油溶性。水溶性と油溶性の両方の性質を持ったものが、APPS(アプレシエ)と呼ばれています。

よく耳にする「進化型ビタミンC誘導体」や「高浸透型ビタミンC誘導体」はこのAPPSのことで、様々な化粧品に配合されているのです。

APPSは、他のビタミンC誘導体よりも安定性が低いため、使用期限や保存温度が決められている場合があります。高温・多湿や直射日光が当たる場所には置かずに、化粧品に記載されている通りに保存するといいでしょう。

ビタミンC誘導体が含まれた化粧水の使い方は、一般的な化粧水と同じで、手のひらに適量を取って、包み込むように馴染ませます。黒ずみ毛穴が気になる部分にはコットンパックをしたり、美顔器を使ってイオン導入をすることもおすすめです。

ビタミンC誘導体をうまく使って黒ずみ毛穴にアプローチ!

ビタミンC誘導体の中でも特に浸透性が高いのがAPPSですが、保存場所や使用期限が決められているため使う前にしっかり確認しておきましょう。APPSは市販の化粧品よりも、美容皮膚科などで取り扱っている化粧品に多く含まれている場合があるので、APPSが配合された化粧品を安心して試したいという方は、美容皮膚科で相談してみるといいかもしれませんね。

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事