野菜不足の解消以外にも!青汁の効果とおすすめの飲み方は?

野菜不足の解消以外にも!青汁の効果とおすすめの飲み方は?

栄養価が高く、効能や効果がクチコミでも評判の青汁。スーパーで手軽に購入でき、コスパがよい健康アイテムです。サプリやスムージー、おいしいと話題のヤクルトの青汁まで種類が豊富。今回は青汁の効果をUPさせる飲み方と初心者におすすめの市販品を紹介します。

野菜不足におすすめ?栄養価が高い青汁

普段の食生活で足りない栄養価を補える健康食品として、年代や性別を問わず青汁がブームになっています。そもそも青汁の主成分や栄養素とはどんなものでしょうか?

知っておきたい青汁の主成分

青汁はメーカや商品によってさまざまな原料が使われており、主成分もそれぞれ違うのが特徴です。主な原料は最もメジャーなもので大麦若葉が多く、その他ケールや明日葉(あしたば)、桑の葉(くわのは)などがあります。原料によって効果、効能も分かれますが、主成分以外の添加物がどれだけ含まれているかどうかが重要なポイントです。

青汁の中には飲みやすくするために砂糖や甘味料を多く配合しているものも販売されており、青汁本来の効果が得られないこともあるため気をつけて選びましょう。

青汁の成分と取れる栄養素とは

青汁にはビタミンやミネラルが豊富です。また青野菜が原料であるため、食物繊維もたっぷりと含まれており、主成分によってはオリゴ糖なども配合されています。

青汁には加熱処理と非加熱処理の二つの製造方法があり、加熱処理は高温でつくられるため、熱に弱いビタミンB1やビタミンC、酵素などの栄養素が製品化の時に壊れてしまいがちです。購入の際は栄養素をチェックすることをおすすめします。

野菜不足を本当に解消できる?

現代人は食生活の変化などによって栄養が偏りやすくなっています。特に野菜不足が深刻で、毎日の食事だけでは目標摂取量にとても届かないのが現状です。青汁はその野菜の不足分を補えると注目されていますが、厳密には青汁を飲むだけでは野菜不足が解消される訳ではありません。

野菜は緑黄色野菜、淡色とそれぞれ栄養価が違うため、いろいろな種類を組み合わせて食べることでバランスよく栄養素を取ることができます。青汁は緑黄色野菜が原料なので、淡色野菜の栄養素をカバーすることは難しいのです。すべて青汁で野菜不足を補うよりも、どちらかというと足りない分をサポートするつもりで活用するとよいでしょう。

青汁と野菜ジュースの違い

青汁ともうひとつ、野菜を使ったドリンクといえば野菜ジュース。野菜不足なら野菜ジュースを飲む方が効果的だと考える方も多いのではないでしょうか。野菜ジュースの原料は人参やトマトなどの緑黄色野菜が多く、原料の半分に果物やショ糖を入れているものが多くあります。甘く飲みやすいかわりに糖質やカロリーが高くなってしまうのがデメリット。対して青汁は青野菜のみを使用し、低糖質、低カロリーの商品が多いです。

また、野菜ジュースは食品衛生法で65℃以上加熱製造が義務付けられています。ほとんどの野菜ジュースはビタミンなどの栄養素が不足していますが、青汁は非加熱製造の商品を選べば、栄養価をしっかり補えると言われています。

クチコミでも絶賛!青汁のおすすめ効果とは!

健康や美容が気になる方から注目を集めている青汁。SNSでも実際に青汁を試したというクチコミが多く見受けられます。青汁のクチコミと効果についてまとめてみました。

代謝アップで美肌を手に入れる

「青汁を飲み続けてからお肌の調子もいい感じ♪」31歳女性
肌にハリを与える「ビタミンC」や美肌をつくる「βカロチン」、どちらも新陳代謝を促す効果が期待でき、若々しさを保つのには欠かせません。青汁にはこの2つの栄養素が含まれていることから美容にもよいとされています。

ドロドロ血液もきれいに

「健康管理のために青汁を毎日飲んでいます。血圧が正常値に戻ったので、もしかしたら青汁のおかげかも」43歳男性
血液がドロドロと聞くと大概の人が体に不安を感じます。なぜかというと、血液は健康を維持するための様々な機能を担っているので、流れが悪くなるといろいろな不調が生じるためです。青汁に含まれる食物繊維は血液をドロドロにさせやすい脂質や糖質の吸収を抑える働きを期待できます。

朝もすっきり!便秘解消

「オリゴ糖か食物繊維の効果でお腹がスッキリした気がします。便秘に悩む方は試しに飲んでみてはいかがでしょう。」28歳女性
青汁は多くの食物繊維が含まれているドリンクです。食物繊維は水溶性、不溶性と2種類に分けられ、水溶性は名前の通り水に溶け、腸内の善玉菌を増やします。一方不溶性は水に溶けにくく、腸のぜんどう運動を促す効果を期待できます。腸内環境を整えるにはどちらも必要ですが、青汁はこの2つの食物繊維を同時に摂取できるため、便秘を改善する可能性があるので。ただし、青汁そのものに便秘解消の確かな効果があるとは断言できないため、症状がひどい場合には病院に相談しましょう。

うれしいおまけ?ダイエット効果

「シェーカーで毎朝つくっています。ダイエット中でも美味しく飲めるのがうれしいですね。」30歳女性
青汁はダイエットでよく実践される、食事制限のサポートに効果的だと言われています。単純に食事を抜いたり、食べる量を減らしたりすると必要な筋肉まで落としてしまいます。青汁を飲んで総カロリーを減らしながら栄養素をしっかり取ることで、食事のバランスを保ちましょう。

健康、美容以外にもおすすめ!青汁の効能と効果

ストレスを溜めがちな方に

不規則な生活を続けていると精神的にも身体的にもストレスを受けがちです。睡眠を促す物質のひとつにメラトニンというものがあります。メラトニンは夜になると分泌され、快適な眠りをサポートしてくれますが、疲労などによって上手く分泌されないと睡眠の質が悪くなってしまうのです。

ケールを主原料とした青汁にはこのメラトニンが含まれているため、自然な眠りへと導く手助けになるかもしれません。不規則な生活リズムを改善できれば、ストレスも軽減できるのではないでしょうか?

アンチエイジング効果って?

美容にも効果を期待できると女性に人気の青汁ですが、エイジングケアに効果的だと言われるビタミンEも豊富です。ビタミンEは強い抗酸化作用があり、新陳代謝を活発にすると言われています。美肌によいとされるビタミンCも含まれているため、お肌の悩みが気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

糖質を抑えて、生活習慣病改善も

青汁は緑の野菜の食物繊維やビタミン、ミネラルを摂取できます。水溶性食物繊維が食事中の脂質や糖の吸収を穏やかにし、ビタミン、ミネラルによって栄養素の代謝を促す効果を期待できます。野菜不足などの栄養の偏りを整えることで、生活習慣病の予防にも役立つ可能性があるのです。

普段の食事がもし気になるなら、揚げ物などの脂質の多い料理を控えながら、バランスよく食べることを意識し、青汁は補助として取り入れましょう。単に青汁を飲むだけではなく、毎日のスタイルを見直すことも健康な食生活には大切です。

コスパのよさがおすすめ?市販の青汁をスーパーで選ぶ時のコツ

青汁によってなぜ値段が違う?

スーパーやドラックストアで青汁が並んでいるのを見ると、商品によって価格が違うのに気が付きますよね。1杯数10円のものから数100円の値段まで幅広いですが、値段=(イコール)効果の高さなのでしょうか。最近の健康ブームによって青汁は栄養素だけでなく、飲みやすさや利便性も考慮されるようになりました。

主成分以外に甘味などの合成添加物が多く含まれるものや熱処理によってビタミン、ミネラルの栄養が失われているものも多く、一概には断定できませんが、コストもかからず製造しやすいため、価格に差が出てくるようです。青汁を購入する時はコスパのよさはもちろん、自分の目的に合わせて選ぶと間違いないでしょう。

原料と原産地をチェック

青汁の原料は1種類だけではなく、数種類使われています。原産地も国内外合わせて幅広く、地域限定品から輸入されてスーパーで売られているものまでバラエティ豊かです。青汁に使われることが多い代表的な原料をチェックしてみましょう。

●大麦若葉…イネ科の植物の若い葉を大麦若葉と言います。元々は中央アジアで広くつくられており、古い歴史がある栽培作物です。青汁に一番多く使われています。

●ケール…スペインで栽培されたのが最初で、次第にヨーロッパに広まりました。アブラナ科の植物であり、丈夫でほとんどの土地で育つと言われています。日本でも各地で栽培され、大麦若葉の次に青汁に使われることの多い原料です。

●明日葉(あしたば)…明日葉はせり科の植物です。日本が原産で江戸時代の頃より薬草として用いられてきました。明日葉にはビタミンなどが多く含まれており、栄養バランスのよい植物としてよく知られています。

●桑の葉(くわのは)…桑科の落葉樹であり、古くから蚕のエサや漢方の材料として重宝されています。中国北部から韓国原産で奈良時代にはすでに日本で栽培されていました。青汁以外にも桑の葉のお茶やサプリメントが有名です。

目的別や飲みやすさでタイプを選ぶ

原料によって主成分の効果や栄養価が違います。ダイエットや便秘を解消したいなどの目的がある場合は、自分の目的に合わせた効果のある青汁を飲み分けるとよいでしょう。また、初めて青汁に挑戦する方は飲みやすさを目安にしてみるのもおすすめです。上記で紹介した原料の効果と飲みやすさを比べてみるので参考にしてみてはいかがでしょうか。

●大麦若葉…活性酸素を除去する効果を持つ「SOD酸素」の含有量が多いと言われています。食物繊維・ビタミン・ミネラル・カテキンなどもバランスよく含み、生活習慣病の改善のサポートにおすすめです。また、女性の大敵である冷え性や貧血への働きかけも期待できます。
味は抹茶のようにさっぱりとしており、青臭さを感じさせません。

●ケール…ビタミン・ルテイン・カルシウム・食物繊維・メラトニンが主に含まれています。野菜の王様と呼ばれるほど栄養価が高く、よく食べられるキャベツやダイコンはこのケールを改良した野菜です。睡眠がよくとれ、ストレスを軽減する効果や血液の流れをよくする働きがあると言われています。
独特の苦みや臭みのある味が特徴的です。

●明日葉(あしたば)…明日葉には他の原料となる野菜と違い、セリ科共通のクマリンや明日葉にしか含まれないカルコンがあるのが大きな特徴です。クマリンやカルコンは美容と健康に役立つ成分が入っているとされており、ダイエットや多くの生活習慣病にも効果が見込めます。
少し苦みがありますが、くせのない味で飲みにくいという程ではありません。

●桑の葉…漢方の原料として大切に育てられてきたことから、さまざまな効果が期待できます。特に桑の葉特有の成分である1-デオキシノジリマイシンは2種類の糖質の分解を制御するとして、糖質制限に役立つと言われる栄養素です。そのほか、中性脂肪やコレステロールを下げる効果も注目されており、お酒を飲まれる方におすすめです。
味はお茶にも使われるほどクセが無く、お子さんでも飲みやすいですが、食物繊維が豊富なのであまり飲み過ぎると、まれにお腹を壊すことがあるので注意しましょう。

初心者さんでも続けられるおすすめの青汁の飲み方

青汁の味は個性的なので、初心者は飲むのに抵抗を感じるかもしれません。出来るだけ継続して飲むために工夫してみるのはいかがでしょうか?

青汁を飲むのに適した時間は

基本的に青汁を飲む時間に決まりはありません。ただ、栄養をしっかり取りたいなら朝起きてすぐに飲むことをおすすめします。睡眠から目覚めたばかりの体は水分が不足している状態です。起き抜けに青汁を飲むことで、はっきりと目覚める効果も期待できますよ。

食事の前に飲むことで食べ過ぎ防止にも

もしダイエットを意識しているなら食事の前に飲むことで、食欲を抑える効果も期待できます。栄養も吸収しやすくなるため、まさに一石二鳥です。青汁は急激な血糖値の上昇を抑える働きもあり、血糖値が気になる方も、食事の前に青汁を飲む習慣を身につけると良いでしょう。

便秘を解消したいなら夜飲むのがベスト

青汁は低カロリーなので、夜飲んでもダイエットにあまり影響しません。むしろ夜寝る前の水分補給に最適です。また、水分と一緒に植物繊維も摂取できるため便秘解消にも効果的だと言われています。

青汁の飲み方で注意したいこと

青汁は食品なので適正量を守ることが大切です。体によいからといって、他の食べ物と同様に取り過ぎると体に負担がかかってしまいます。そして飲めば飲むほど、健康になる訳でもありません。青汁の適正量はメーカーや商品にもよりますが、1日1杯から2杯が目安です。

まれに青汁の成分を過剰に摂取することで、体に影響を与えてしまう場合もあります。持病がある場合は青汁を飲んでよいかどうか、まず医師や病院に相談してみましょう。

効果upも期待できる!?青汁のおいしいおすすめアレンジ

青汁によってはそのままでも美味しいものもありますが、飲みなれないとあの独特の味に馴染めないですよね。そんな時は飲み方を少しアレンジしてみることで、ぐっとおいしくなります。

豆乳や牛乳と合わせて飲みやすく

豆乳や牛乳を合わせると苦みや青臭さが薄れて、味がマイルドになり、小さなお子さんでも飲みやすくなります。また、豆乳に含まれる大豆たんぱく質は満腹感を感じさせやすく、食事のカロリーを抑えたい場合にも役立ちそうです。

青汁と野菜ジュースは相性が抜群!

野菜や果物のジュースも青汁との組み合わせにピッタリです。自然な甘みが加わるため、苦みも緩和されます。スムージーを飲む習慣があるなら、いつもつくっているスムージーに青汁の粉末を混ぜるだけで簡単にグリーンスムージーになりますよ。

ヨーグルトにプラスすれば、お通じスッキリ

ヨーグルトの酸味が青汁の青臭さを消してくれます。飲むヨーグルトにしたいならヨーグルトと青汁を水で溶かせばOK。飲みにくい場合はハチミツやローカロリー甘味料をプラスすればヘルシーです。

青汁が飲みにくい場合はハチミツを

どうしても青汁の味が苦手なら、ハチミツをプラスしてみてはいかがでしょうか。低カロリーなのに栄養価が高く、糖分を控えていても気軽に取り入れられます。またハチミツの抗菌作用も期待できそうです。

サプリ、スムージーからヤクルトまで!おすすめの青汁

市販されている青汁は通常のドリンクからサプリメント、粉末まで豊富な種類があります。少し前までは水に溶く粉末タイプが主流でしたが、その場ですぐ飲める缶や紙パックの商品も増えてきました。また、サプリメントなどは青汁が苦手な方も手軽に取り入れられる便利さが人気です。その中でも特に話題の商品をピックアップしました。

ユーグレナの緑汁 粒タイプ

さまざまな分野で注目されている「ユーグレナ」。和名はミドリムシですが、その正体は海藻類の仲間です。脂肪の吸収を抑え、水溶性食物繊維によって腸内環境を整える効果が期待できます。粒タイプなので誰でも飲みやすく、青汁が苦手な方にもおすすめ。職場や旅行にも気軽に持って行けるのもポイントです。

タテホ化学工業 青汁 スムージータイプ

爽やかなフルーツ味のスムージータイプです。原料に九州産大麦若葉を使っており、毎日の食事だけでは不足しがちな食物繊維や酵素、マグネシウムが豊富に含まれています。アイスはもちろん、ホットでも美味しく飲めます。

ヤクルト 朝のフルーツ青汁

ヤクルトはさまざまな種類の青汁商品を販売していますが、その中でも飲みやすいと評判の青汁です。果物の甘みがあるので、ご年配の方からお子さんまでジュース感覚で飲めます。体の内側から健康とお肌の調子をサポートしてくれますよ。

毎日の習慣におすすめの青汁

青汁は毎日の食事にぜひプラスしたい飲み物です。栄養バランスを整えるのはもちろん、美肌や便秘解消、ダイエットなどのサポートアイテムとして活用してみてはいかがでしょうか。ぜひ自分の望む効果を期待できる青汁を見つけてくださいね。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事