夏の頭皮トラブルにつながる汗や皮脂、ベタつきを抑えるケアって?

夏の頭皮トラブルにつながる汗や皮脂、ベタつきを抑えるケアって?

暑い夏は顔だけでなく頭皮にもたくさんの汗や皮脂が分泌されますよね。意外にも頭皮は、身体の中で最も皮脂分泌の量が多いと言われているため、しっかりと頭皮のお手入れをして、ベタつきを防いであげることが大切ですよ。

真夏は頭皮から汗や皮脂がたくさん分泌されやすい…

身体の中でも一番皮脂分泌が多い頭皮。特に暑い夏になると頭皮のベタつきが気になりますよね?ベタベタした皮脂が分泌されると、毛穴に詰まった皮脂と空気中にあるほこりや雑菌とが混ざり合うことで、フケやかゆみ、さらには臭いを発生させてしまうこともあります。

また、皮脂が毛穴に詰まると髪の根元がうまく立ち上がりにくく、ペタンとした印象になってしまいます。それだけでなく、毛穴が詰まったままでいると、髪の新陳代謝が正常に行われなくなって将来的に髪が細く抜けやすくなるとも言われているのです。

頭皮の汗や皮脂を抑える方法と、頭皮ケア

汗や皮脂により、頭皮がベタついて不快感があるときには、首筋に氷や冷たいペットボトル、保冷剤などを当てると、汗を抑えることができます。汗が落ち着いてきたら、爽快感のあるメントールが含まれた頭皮ローションや頭皮スプレーなどをつけて、軽く頭皮マッサージをしましょう。

毎日行いたいヘアケアのポイントは、頭皮をしっかり洗うことと乾かすこと。ブラッシングをして埃を落とし、たっぷり予洗いをしてから、シャンプーを手のひらで泡立てて頭皮のマッサージをするように丁寧に洗います。トリートメントは毛先中心に馴染ませて、洗い残しがないようにきちんと洗い流しましょう。

お風呂から出たら、できるだけ早くドライヤーで頭皮を乾かします。頭皮が濡れたままだと、雑菌が繁殖しやすくなり、頭皮トラブルの原因になってしまいます。吸水性の高いファイバータオルなどで頭皮の水分をしっかり吸収して、頭皮からドライヤーを当てていくと比較的速く乾かすことができます。

また、頭皮から分泌された皮脂に紫外線が降り注ぐと皮脂が酸化して頭皮にダメージが加わってしまうため、日傘や帽子、日焼け止めスプレーなどを活用して頭皮や髪の紫外線対策をしっかりと行いましょう。

夏の頭皮トラブルは日々のケアで未然に防ぐ!

夏は頭皮のベタつきやかゆみなどで悩まされがちですが、毎日のヘアケアや紫外線対策で未然に防げることもあります。夏の頭皮トラブルを予防して、思い切り夏を楽しみましょう!

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事