強力な紫外線から肌を守る!夏も活躍するマスクの意外な効果とは?

強力な紫外線から肌を守る!夏も活躍するマスクの意外な効果とは?

マスクといえば、乾燥が激しい冬の時期に活躍するアイテムというイメージがありますが、実はマスクは夏の時期にもとても有効なのです。特に紫外線から肌を守るには効果的で、強い日差しの日にもきっと活躍するはずですよ!

夏のマスクで紫外線カット!お肌を夏の日差しから守ろう!

冬場に活躍していた使い捨てマスク、余っていたりしませんか?冬の間は乾燥が続くため、風邪をひいたときに使用したり、インフルエンザの予防だったり、乾燥や寒さ対策としてマスクを使用していた人が多いのではないでしょうか。

春になれば花粉症対策として使用する人もいると思いますが、夏となると、街を歩いてもマスクをつけている人は少なくなりますよね。

欧米ではマスクをしていると怪しまれたり、重い病気だと思われたりするほどマスク率は少ないのですが、日本はマスク大国と言われるほどマスクの使用率が高い国です。

そんな日本でも、さすがに夏になると「マスクしてて、暑くないの?」と思われることもあるでしょう。しかし夏のマスクには、美容面から見てもうれしい効果があるのです。

そのひとつが紫外線対策。日差しが強くなる夏は、他の季節に比べてもダントツで紫外線対策が欠かせない季節です。お肌を守るために日焼け止めクリームを塗っては塗り直して。これを毎日のように繰り返すのです。

日焼け止めはこまめに塗り直さないと効果が薄れてしまいます。しかし、この塗り直しは面倒ではありませんか?そこで活躍するのがマスクです。

ちょっと外出するだけなのに、わざわざ日焼け止めクリームを塗るなんてこともしなくてOK!つばの長い帽子をかぶれば直接紫外線があたることはだいたい避けられるでしょう。

通気性が重要!夏のUVマスクの選び方。

夏は冬と違って、暑さによって汗をかきやすく、マスク内も蒸れやすくなります。そのため通気性の良いマスクを選ぶことが重要です。最近ではUVカット用のマスクも販売されていますので、もう夏にマスクをしてもおかしいという時代ではなはいのかもしれません。

また乾燥と無縁だと思われがちな夏でも、冷房がガンガン効いている電車やオフィスでは乾燥していることが多いです。こうした環境にもマスクは活躍してくれるのです。

紫外線からお肌を守る夏のマスク、気になる人はぜひうまく活用してみてはいかがでしょうか。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事