アラフォー世代こそ見直したい!乳液と化粧下地の選び方・つけ方

アラフォー世代こそ見直したい!乳液と化粧下地の選び方・つけ方

40歳前後になると、今まで通りのスキンケアでは足りないと自覚する人は多いはず。肌がゴワついたり、お化粧のノリが悪かったりして悩むことも……。そんなアラフォー世代こそ見直したい、乳液と化粧下地の大切さを、美容家の小林ひろ美さんに教わりました!
肌の質を底上げする乳液と化粧下地

アラフォーになったら、まず見直したい「基本の3ステップ」

内側から輝くような透明感のある、しっとりとした肌を目指したい人は多いもの。そのために「定番のスキンケアは、ちゃんとおこなっている」はずなのに、40歳前後になるとだんだん、それまで通りのスキンケアだけでは不足していると実感するように……。また、暑い時期や季節の変わり目はとくに、肌のゴワつきや化粧ノリの悪さを感じるものです。アラフォー世代の基本スキンケアは、化粧水・美容液・クリームだけでは足りないのでしょうか?

「まず、スキンケアの基本は『落とす・うるおす・蓋をする』の3ステップだと、私は考えています。詰まった汚れをきちんと洗い流してから、化粧水など水溶性のアイテムでうるおして、クリームなどの油分で蓋をし、うるおいを閉じ込めます。この基本を大切にしていないと、汚れが落ちていないのに蓋をしていたり、逆に大切な成分が逃げてしまったりして、どんなにケアをしても意味がない場合も。この基本を覚えたうえで、とくにアラフォー世代であれば、ぜひ見直していただきたいアイテムがいくつかあります」(小林さん)

そのアイテムのひとつが乳液! 「よいクリームを使って保湿しているから、乳液は不要」「肌がベタベタするのが嫌」など、さまざまな理由から乳液を避けてしまう人は多いそうです。

「乳液の役割を正しく知っている人が少ない、といつも感じます。基本のスキンケアに美容液を加える人は多いのですが、美容液は『飛び道具』のようなもの。乾燥や美白、肌荒れなど、さまざまな肌悩みを解決に導くための道具が、美容液です。ベースとなる肌の質を上げるために、とくにアラフォー世代は乳液を取り入れるとよいでしょう」(小林さん)

見直しアイテム「乳液」の役割とは?

では、乳液には一体どのような役割があるのでしょうか?

「乳液はいわば『マルチプレイヤー』で、水溶性と油性、両方のよい部分をあわせ持つため、さまざまな役割があります。やわらかい肌に導く働きがあるため、スキンケアで取り入れたい成分を浸透しやすくし、肌のうえから蓋をする役割も。また、肌がやわらかくなることで、不要な角質が取れやすくなり、結果的に毛穴が引き締まることも期待できます。さらに、適度につけることで、肌にツヤや光沢感を与えることもできます。『巡りのよい、やわらかい肌』を目指すなら、乳液は必須アイテムなのです」(小林さん)

これまで小林さんがアドバイスをしたなかで「乳液を取り入れるようになって、肌のコンディションを立て直した人は多い」そうです!

「とくに暑い時期、乳液をベタつくからと避ける方がいますが、夏こそ取り入れておかないと、秋以降にツケが回ってきます。夏の肌を、私は『入れ下手・出し上手』と呼んでいるのですが、夏は汗や皮脂がどんどん出ていくので、つい『肌代謝が上がって、巡りのよい肌になった』と勘違いしがち。肌に必要な成分まで出ていってしまうので、必要な分を肌の内側に閉じ込めるためにも、補うためのケアが必要になります。そこで役立つのが乳液です。乳液が、肌に必要な成分は残し、不要な成分を出すためのコントローラーのような働きをして、乾燥しやすい秋以降も上質な肌を目指しやすくなります」(小林さん)

乳液をどう使う?使い方の見直しも指南!

乳液をいざ取り入れようと思っても、これまで化粧水と美容液、クリームだけで過ごしてきた人にとっては、どのタイミングでどのように使えばいいかわからないことも……。乳液をどのように使えばよいのでしょうか?

「一般的には、化粧水と美容液のあと、クリームの前に塗布することが多いですが、乳液の使い方はとても自由。私は乾燥対策に、乳液と化粧水を重ね塗りする『ミルフィーユ・パック』を何年も前から推奨していますが、ほかにも化粧水と乳液をよく混ぜて塗ったり、オイルを一滴垂らして保湿ケアアイテムにしたり、塩や砂糖を加えて角質ケアアイテムに変えたりと、いくつもの使い方があります」(小林さん)

もっとも一般的な使い方として、化粧水と美容液のあとに顔に塗る場合、どのような塗り方をすればよいですか?

「まず、乳液を両手のひらでよくなじませてから使用しましょう。夜の乳液は『流れをよくして、肌をやわらげる』のがテーマ。手のひらで、小鼻の横から頬、こめかみと外側に向けて、優しくプッシュしていきます。さらに、片手は顎、もう片手はおでこに当ててプッシュします。また、肌のうえで指の腹をくるくると回し、優しくマッサージしてもよいですよ。このときは、リンパ節を意識するとよいでしょう。顔のなかでは、額の頂点と両こめかみの前側、エラから指一本分外側が、リンパ節のあるところなので、そこに向けて流すような意識でマッサージしていきます」(小林さん)

朝のケアも同様でしょうか?

「朝はキリッとハリのある肌に整えたいですよね。その場合、私は顔の外側から内側に向けて、手のひらで優しくプッシュしていき、最後に指で小鼻のまわりや目元など、細かいところに乳液をのせていきます。朝はベタつきたくない方も多いと思うので、気になるときはティッシュでTゾーンを軽く抑えても。ただ、最近は軽めのつけ心地で、ベタつきにくい乳液も出ているので、種類を変えると改善できることもありますね」(小林さん)

見直したいあなたへ!小林ひろ美さん推薦の乳液4選

美容家として、さまざまな製品を日々試している小林さんに、アラフォー世代が取り入れるのによいアイテムを教えてもらいました。

「一口に『乳液』と言っても、今はさまざまな種類が出ています。高い保湿効果を謳っているもの、軽めのつけ心地のもの、紫外線対策ができるもの、刺激の低いものなど、それぞれが目指す肌に合わせたものがたくさん! さまざまなタイプのものから、おすすめの乳液を挙げてみますね」(小林さん)

【小林ひろ美さん推薦「アラフォー世代が取り入れやすい乳液」4選】

◆THREE(ACRO)/トリートメントエマルジョン
「水分と油分のバランスがほどよく、みずみずしいテクスチャーで、ベタつきにくい乳液です。天然由来成分を99%含み、うるおいのある肌作りが期待できます」(小林さん)
◆ミノン(第一三共ヘルスケア)/アミノモイスト チャージミルク
「高い保湿効果を期待でき、しかも低刺激。肌のバリア機能が下がって、荒れがちな人も使いやすい乳液です。つけ心地もクリームほど重くはありません」(小林さん)
◆エリクシール シュペリエル(資生堂)/リフトモイスト エマルジョン W
「高い浸透力が期待できる乳液で、ハリのない肌の人におすすめです。『さっぱり』『しっとり』『とてもしっとり』の3種のテクスチャーから選べるのも便利」(小林さん)
◆est(花王ソフィーナ)/ザ エマルジョン
「『超浸透』を掲げているので、肌がゴワついていて、スキンケアをしても入りにくい方に使いやすい乳液。こちらも、こってり度合いの異なる1~3から選べます」(小林さん)

もうひとつの見直しアイテム「化粧下地」の3つの役割

次に、小林さんが「アラフォー世代に見直してほしいアイテム」として挙げたのが、化粧下地です。

「化粧下地には3つの役割があると考えています。まずは、化粧崩れを防ぎ、化粧の持ちをよくする『仲人』の役割。次に、スキンケア効果を含んだものを選ぶことで、肌悩みを解決に導く役割。最後に、肌を紫外線やエアコンなどの外的刺激から守る役割です。

もし、化粧下地をつけずにファンデーションを塗っているとしたら、それは『仲人のいないお見合い』みたいなもの。基本のスキンケアのあとに、きちんと下地をつけておかないと、どんなに丁寧に肌を整えたとしても、その効果は持続できません。とくに暑い時期は汗や皮脂が多いので、ファンデーションがヨレて、化粧崩れしやすい時期。慌ただしい朝でも、下地はサボらないほうがよいでしょう」(小林さん)

ほかのスキンケアのアイテムにはこだわっていても、化粧下地はなんでも同じように見えて、こだわって選んでいないことも……。上手な選び方はありますか?

「近年は保湿やトリートメント成分、美白など、美容液の成分をたっぷりと含んだ化粧下地もありますので、肌悩みに応じて、それらの成分が入ったものを選ぶとよいでしょう。夜に眠るとき、しっかりとケアする人は多いのですが、朝のケアをおろそかにして、日中はサボっている人が意外と多いもの。でも、実際に肌にアイテムをのせている時間は、日中のほうが長いですよね。それならば、日中の時間を使ってスキンケアをしたほうが得策なので、悩みに応じた成分の入っている下地を探してみてください。

また、SPFやPAで紫外線対策ができる下地も多いので、うまく取り入れると夏の日焼け予防につながります。日中をほとんど屋内で過ごす方はSPF30以下で十分ですが、営業などで屋外にいることの多い人はSPF50があると安心です。

ほかにも、ファンデーションが落ちても、血色のよい肌色に見せたいならピンク色のものを選ぶとか、肌のくすみが気になるならイエローやオレンジ色のものを選ぶとか、色によっても見え方は異なります。また、肌に吸いつくような密着感がほしいのか、みずみずしくて軽いつけ心地が好きなのかなど、テクスチャーの好みもあります」(小林さん)

量やつけ方で失敗しているかも?化粧下地のつけ方を見直し!

化粧崩れを防ぎ、かつ「のっぺり」と見せないためには、どのように化粧下地をつければよいのでしょうか? 量をたっぷり使ったほうがよいと聞いたことがあるのですが……。

「下地のつけすぎは、化粧崩れにつながるので厳禁です! さらに、顔の素肌感がなくなって、老け顔に見えてしまうことも。下地のほとんどが伸びがよいので、目安としてはパール粒一粒大を手に出します。少し指にのせ、目の下から頬、こめかみに向けて、トントンと優しく2度叩いてから、ツーっと伸ばしていきます。『トン・トン・ツー、トン・トン・ツー』と繰り返しながら、顔の内側から外側に向け、肌に広げていきましょう。そのあと、ヨレやすい小鼻まわりに指でたたき込み、顎にも伸ばしてから、額へ。おでこは下から上へと伸ばしていきます」(小林さん)

つい厚塗りになりがちな人へ、注意ポイントはありますか?

「ポイントは、顔の輪郭に向かって薄づきになるように、なじませていくこと。顔の中心と同じ量をまんべんなく伸ばしてしまうと、のっぺりとした顔に見えてしまうので、フェードアウトを心がけて。また、頬骨のあたりの毛穴がたるんでいる人は、こめかみの皮膚を片手で斜め上に優しく引っ張りあげ、もう片手でたたき込むと、毛穴まできちんと下地が入ります」(小林さん)

見直したいあなたへ!小林ひろ美さん推薦の化粧下地4選

化粧下地に関しても、日々さまざまな製品を試している小林さんから、アラフォー世代におすすめのアイテムを教えてもらいました!

【小林ひろ美さん推薦「アラフォー世代が取り入れやすい化粧下地」4選】

◆マキアージュ(資生堂)/ドラマティックスキンセンサーベース UV
「どのファンデーションやメイクアイテムとも相性のよい、バランスの取れた一本。なじみがよくて、持ちもよいので、キメの整った状態が続きやすいと感じています」(小林さん)
◆RMK(エキップ)/メイクアップベース
「これまで、あまり下地を使ってこなかった初心者の方も使いやすい一本です。みずみずしく、少量でもよく伸びるので、ベタつきにくいのが特徴です」(小林さん)
◆アルビオン(アルビオン)/ホワイトフィラー クリエイター
「夏用の下地で美白成分が含まれていて、SPF35とPA+++で屋外にいることの多い方向け。ほどよいピンク色で、肌をワントーン明るく補整してくれます」(小林さん)
◆セブンフロー(美・ファイン研究所)/ビューティヴェール
「私の研究所で開発した製品です。SPF50以上、PA++++と紫外線対策になりますが、紫外線吸収剤を使っていないので、敏感肌の方にも使っていただきやすい一本です」(小林さん)
ちなみに、BBクリームやCCクリームをファンデーション代わりに使うときも、下地は使ったほうがよいのでしょうか?

「少量でよいので、塗ったほうがよいですね。この場合は、頬骨の高いところや鼻のように、日焼けしやすい箇所に重ねるとよいでしょう。BBクリームは濃厚なものが多く、ツヤ感が少ないこともあるので、みずみずしいタイプの下地を選んでつけると、ほどよいツヤが出て上品に仕上がりますよ」(小林さん)

意外な見直しアイテム「オイル」の取り入れ方とは

実はもうひとつ、アラフォー世代が取り入れるとよいスキンケアのアイテムがあるそう!

「乳液と同様に、普段取り入れている方がとても少ないのですが、私はオイルを活用するようになってから、肌の質が上がったと感じています。オイルというと『ベタベタする』『浸透しにくい』『日焼けしやすくなる』など、ネガティブな印象を持っている方が多いのですが、上手に取り入れると肌をほぐしてやわらかくし、巡りのよい肌を作るために貢献してくれるアイテムです」(小林さん)

小林さんの研究所では、オイルに慣れていない人でも使いやすいアイテムを開発したそうです。
◆セブンフロー(美・ファイン研究所)/ハーブサーキュレイトオイル サマージェル
「ジェル状の美容液なのですが、オイルと乳液の間くらいの位置づけです。一般的なオイルよりもずっと軽いつけ心地で、顔や体のマッサージオイルとしても使用できます。お風呂上り、肌がしめった状態でも使えるので、塗ってからほぐしたり、たっぷりとつけてマスク代わりにしたりできます」(小林さん)
今まで通りのスキンケアでは足りない……そんなとき「高級クリームを買い足さないといけない」と考えると、手が届かなくて諦めてしまうもの。でも、私たちにとって身近な乳液と化粧下地を見直すだけで、肌の質がぐんとアップするかもしれません。まずはそこから、見直し&選び直してみませんか?
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。
■監修
小林 ひろ美 さん
美・ファイン研究所 主宰/美容家

関連記事