美容に嬉しいハーブ「チャービル」を育てて食べてキレイになろう!

美容に嬉しいハーブ「チャービル」を育てて食べてキレイになろう!

チャービルというハーブをご存知でしょうか?クセが少なく優しい味わいなので「美食家のパセリ」とも呼ばれているそうです。しかも美容効果のある栄養成分が豊富。育てやすいハーブだそうなので、自宅で育てて日常使いがおすすめです!

美容に嬉しいハーブ「チャービル」に含まれる栄養成分と苗の選び方

育てやすく、手間のかからないハーブと言われている「チャービル」。ベランダ菜園でも簡単に扱うことができるそうですから、ハーブを育てた事のない初心者の方にもおすすめです。

<チャービルの栄養素>
チャービルの葉には美肌に欠かせないビタミンCやβ-カロテンをはじめ、新陳代謝を促すマグネシウムなどのミネラル成分が豊富に含まれています。できるだけ使用直前に収穫するよう心がけましょう。

<チャービルの苗の選び方>
チャービルの苗は、お花屋さんやホームセンターで購入する事ができます。チャービルを購入する際は、葉が黄ばんでおらず茎が太く詰まっている苗を選ぶようにしましょう。また、乾燥に弱いハーブなので風通しが良い涼しい場所で保管し土の表面が乾ききらないうちに水やりをするようにしてください。

<チャービルの使い方>
チャービルは熱を加えると香りが飛びやすいので、香りを楽しみたい場合は生のまま使用できるサラダや魚料理の飾りつけ、サッと加熱するオムレツなど風味づけとして使用するようにしましょう。

注目のハーブ「チャービル」を使った美容レシピ

チャービルを使った美容レシピをご紹介します。抗酸化成分のビタミンEを含むアボカドと、アスタキサンチンたっぷりのサーモンを材料として取り入れ、アンチエイジングを意識してみました!

【サーモンフライのタルタルソース添えの作り方】
<タルタルソースの材料>
・ゆで卵 2個
・らっきょう 5粒
・ピクルス 2本
・チャービル 枝7〜8本分
・マヨネーズ 50g
・塩 適量
・醤油 適量
・ブラックペッパー 適量

<サーモンフライの材料>
・サーモン 2枚
・塩胡椒 適量
・卵 1個
・薄力粉 適量
・パン粉 適量
・サラダ油

<作り方>
1.硬めに茹でたゆで卵・らっきょう・ピクルス・チャービルをみじん切りにします。
2.ボウルに1の具材とマヨネーズ、塩、ブラックペッパー、醤油を加えて混ぜ合わせます。
3.サーモンの水分をキッチンペーパーで拭き取り、塩胡椒で下味をつけます。
4.3のサーモンに薄力粉→とき卵→パン粉の順番で衣をつけます。
5.170度に熱した油でこんがりきつね色になるまで揚げましょう。
6.揚がったら油を切り、器に移します。
7.6のサーモンフライにタルタルソースを添えて完成です。

余ったタルタルソースはサンドイッチやグラタンなどのレシピに応用しても美味しいですよ!

いかがでしたか?手元で育てて、毎日の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事