疲れた心とお肌を癒す!? 森林浴セラピーの正しいやり方について

疲れた心とお肌を癒す!? 森林浴セラピーの正しいやり方について

ストレス社会と言われている日本の現代…「たまには日常から離れて、思いっきりリフレッシュしたい!」と感じることはありませんか?そんな時におすすめなのが森林浴セラピー。心の疲れだけでなくお肌にも嬉しい効果をもたらすそうですよ!

疲れた心とお肌のケアには森林浴がおすすめ!

森林浴では「フィトンチッド」と呼ばれる芳香物質やマイナスイオンを浴びることで以下のような効果が期待できるため、疲れた時には森林浴がおすすめなのです。

【森林浴に期待できる効果とは】

<免疫力UP>
NK(ナチュラルキラー)細胞が活性化され、免疫力が高まると言われています。

<コルチゾールを減少>
ストレスホルモンの一種「コルチゾール」の分泌を抑制しやすくなります。コルチゾールが減少すると心の疲労を解消するほか、肌荒れ・PMSといった不調の改善にも役立つそうです。

<自律神経の乱れを整える>
自律神経を安定させ「睡眠の質の向上」「代謝を上げる」「冷え解消」など様々な効果が期待できます。

お疲れ肌と心に森林浴セラピー!コツとポイントとは

森林浴セラピーの効果を引き出すと同時に、より安全に実践するコツやポイントについてご紹介します。

【より効果を引き出す為の森林浴セラピーのポイントとは】

<水分補給を欠かさず行う>
疲れが出たら随時休憩し、脱水症状を防ぐためにも喉が乾く前にこまめに水分補給するようにしてください。できれば麦茶など、ミネラル分を豊富に含むドリンクがおすすめです。

<好きな場所でゆったり過ごす>
森の中を散策し感覚的に自分が「好き」と思える場所を見つけたら読書をしたり、ベンチに座って景色を眺めるなど自由な時間を過ごしましょう。無理にウォーキングしてしまうと疲労が溜まりストレスを感じやすくなるため、特別なことはせずゆっくり楽しむことが大切です。

<目的に合わせてスケジュールを組む>
免疫力を高める目的であれば2泊3日を目安に、リラックスだけの目的であれば日帰りコースとして森林が多い近所の公園でもOKです。

<服装に注意>
香水など香りが強いものを肌に塗っていたり、黒い服を身につけていると蜂が寄り付きやすいので注意が必要です。また、急な雨に備えてレインコートなども事前に準備しておくようにしましょう。

森林浴は月に1回程度でも継続的に足を運ぶことで効果を維持できると言われています。セルフメンテナンスの一つとして実践してみてはいかがでしょうか?

※参考文献
『健康寿命を延ばす 脳&カラダ活性化計画』 (NHK出版/2013)
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事