話題のダイエット茶!自家製コーン茶の作り方・アレンジレシピ

話題のダイエット茶!自家製コーン茶の作り方・アレンジレシピ

ダイエットに欠かせないミネラル分や食物繊維のほか、若返りのビタミンことビタミンEといった嬉しい成分が豊富に含まれているコーン茶!少々時間はかかりますが、自宅で作る事ができるので、この夏は自家製コーン茶でダイエットはいかがですか?

この夏は自家製コーン茶で美しくダイエット!コーン茶の作り方

コーン茶は自宅でも簡単に作ることができます。お肌と体の健康のためにも、無農薬のとうもろこしを選ぶことをおすすめします。

【自家製コーン茶の作り方】
<用意するもの>
・とうもろこし お好みの本数(1本あたり約3〜4杯分のお茶が作れます) 
・新聞紙
・フライパン
・水
・ヤカン

<作り方>
1.とうもろこしの皮をむき、約1ヶ月間ほど新聞紙の上で陰干しします。
2.カラカラになるまで乾燥したら、実を一粒一粒むしります。
3.フライパンでポンポンという音がしなくなるまでとうもろこしの実を炒ります。
4.お茶パックで包み、10分程ヤカンでじっくり煮出したら完成です。

とうもろこしの周りについているヒゲは捨てずに料理に活用するようにしましょう。とうもろこしのヒゲにも実と同様に、カリウムが豊富に含まれており、非常に高いデトックス効果が期待できます。くせが少ないのでスープや炊き込みご飯、サラダなど様々なレシピに応用できますよ!

コーン茶を使ったおすすめのアレンジレシピ〜コーン茶ブリュレ〜

余ったコーン茶はブリュレなどのレシピにアレンジしてみてはいかがでしょうか?コーン茶独特の風味により一般的なブリュレ以上に香ばしく、スイーツ好きの女性であればきっと癖になること間違いありません!

【コーン茶ブリュレの作り方】
<材料>
・生クリーム 180cc
・豆乳 180cc
・コーン茶 50cc
・卵黄 3個
・グラニュー糖 20g
・バニラエッセンス 1〜2滴

<作り方>
1.ボウルに卵黄とグラニュー糖を加え白っぽくなるまで泡立て器で混ぜます。
2.小鍋に生クリーム、豆乳、コーン茶を加え人肌より少し温かい程度になるまで弱火で温めます。
3.1に2を少しずつ加え、泡立て器で混ぜます。さらに、バニラエッセンスも加えてかき混ぜましょう。
4.泡を立てないよう注意しながら3の卵液をココットに注ぎます。
5.天板にココットをのせ、ココットの半分の高さまで水を入れます。
6.150度のオーブンで約30分間蒸し焼きにします。
7.余熱がとれたらグラニュー糖(分量外)をブリュレの表面に敷き詰めます。
8.バーナーがない場合はグリルで10分間加熱し、表面に焦げ目をつけましょう。

いかがでしたか?コーン茶を作るまでの工程もなかなか楽しめますよ!自家製コーン茶、是非お試しください!

 Profile
■監修/MINTO
栄養士。
原宿・下北沢にてアパレル販売員を経験後、現在はWebライター兼コンサルタントとして活躍中。資格を活かしてヘルスケアやアンチエイジングに関する記事を美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/xxmintoxx/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事