オイルプリングで口内ケア。インド伝統医学から学ぶ、体の浄化法

オイルプリングで口内ケア。インド伝統医学から学ぶ、体の浄化法

「生命の医学」ともいわれるインド伝統医学アーユルヴェーダ。予防医学・治病医学そして高度な生命哲学としても注目されています。今回はそのなかでデトッ...

「生命の医学」ともいわれるインド伝統医学アーユルヴェーダ。予防医学・治病医学そして高度な生命哲学としても注目されています。今回はそのなかでデトックス効果が高く、すぐにその効果を実感しやすい浄化法をお伝えします。

オイルプリングとは?

Licensed by Getty Images

日本ではあまり馴染みがありませんが、3,000年ほど前からインドの自然療法であるアーユルヴェーダで親しまれてきた健康法のひとつで、オイルで口をすすぐ方法です。
口の中には300種類以上の細菌がいるといわれており、歯周病や虫歯、細菌性心内膜炎、心筋炎、動脈硬化、免疫低下などにも関わっていくそうです。オイルで口の中ですすいで口内細菌を排出することで細菌を浄化し、免疫機能を整え、免疫力向上が期待できます。そのため、さまざまな疾患の改善に繋(つな)がるのです。

オイルプリングの主な効果とは?

Licensed by Getty Images

・口内から体内の毒素を排出するデトックス効果
・ 口内の病気の予防(歯周病・虫歯・歯肉炎・口臭)
・ ほうれい線の予防や血色、はりの効果
・ 歯のホワイトニング効果
・ 慢性的な疾患の緩和

オイルプリングの方法

Licensed by Getty Images

オーガニックオイルを使用します。エクストラヴァージンオイルやココナッツオイル、しそ油、ごま油、白ごま油などがおすすめです。
朝起きがけに、大さじ1のオイルを口に含み、5分〜最大20分ほど歯茎全体と歯の前後をマッサージするようなイメージでオイルを動かします。口内環境の浄化はもちろん、顔の筋肉をまんべんなく動かすので顔のしわ、はり、つやなど美容にも効果があるのです。私は手にくぼみをつくり、そこへオイルを垂らしそのまま口に含み、手に余ったオイルで顔のマッサージをしています。その後石鹸で泡をつくり、洗顔すると時短美容になりますよ。

1点だけ注意点は、口の中に含んでいるオイルを絶対に飲み込まないこと。デトックスしたい細菌を飲み込まないでくださいね!

オイルプリングをした後は想像以上にスッキリします。その後の歯磨きを忘れないように! 常に清潔を保ち、心身ともに浄化され、爽やかに過ごしたいですね。ジメジメしたこの季節に、ぜひオイルプリングの爽快感を試してみませんか?

文/いわせ直美

関連キーワード

関連記事