お部屋にグリーンをプラスしよう!「観葉植物」がもたらす美容効果

お部屋にグリーンをプラスしよう!「観葉植物」がもたらす美容効果

あなたの部屋にはグリーンがありますか?インテリアの一部として何気なく置かれることも多い「観葉植物」ですが、実は置くだけで美容効果をもたらすと言われています。観葉植物を置くことで期待できる美容効果についてご紹介します!

置くだけでOK!「観葉植物」がもたらす美容効果とは?

お部屋にグリーンがあると、雰囲気が明るくなりますよね。インテリアの一部として「観葉植物」を置いているという方も、何気なく置いているという場合も多いかと思いますが、実は、観葉植物は様々な美容効果をもたらすと言われているんです!

【置くだけでOK!観葉植物がもたらす美容効果】

◎保湿効果
根が水分を吸い上げ、葉っぱから蒸発させるので、保湿効果があると言われています。お部屋の湿度を上げてくれる為、乾燥からお肌を守ってくれるのです。また、植物から放出される水分は蒸留水で、加湿器のように水垢や菌で汚れている心配がないので安心です。

◎ストレス穏和
緑が多い森や山などに行くと、気持ちが落ち着くと感じたことはありませんか?植物からはフィトンチッドという成分が放出されており、植物の緑を見ることで、脳のアルファ波が増える為、リラックス効果があると言われています。美容にストレスは大敵なので、嬉しい効果ですね。

◎代謝アップ・老化予防
家の中にある電化製品などからは、細胞の老化原因となる「プラスイオン」が絶えず放出されています。一方、観葉植物からは「マイナスイオン」が放出される為、部屋に観葉植物を置き、マイナスイオンが優位の環境を作ることで、細胞にマイナスイオンが染み渡ります。すると、新陳代謝が活性化され、代謝がアップするので、老化予防も期待出来ます。

◎安眠効果
美容において、質の良い睡眠は重要です。観葉植物から放出されるマイナスイオンには、「セロトニン」や「ベータエンドルフィン」といった幸せホルモンを活性化し、自律神経を整える効果がある為、安眠効果が期待出来ると言われています。

お部屋に観葉植物を!種類別のそれぞれの特徴

観葉植物と言っても、たくさんの種類がありますよね。人気のある観葉植物をいくつかご紹介するので、選ぶ際の参考にしてみてください!

◎フィカス・ウンベラーダ
比較的寒さに弱く、暑さに強い。日当たりの良い場所を好む。

◎ポトス
寒さに弱く、暑さに強い。空気清浄効果が高い。育てやすい。トイレにおすすめ。

◎アレカヤシ
化学物質の吸着・除去に優れている。日当たりの悪い部屋でも育てることが可能。

◎サンセベリア
他の植物に比べ、マイナスイオンの放出量に優れる。乾燥に強く、保湿効果が抜群。最も空気の浄化能力が高いとされる植物。

◎ベンジャミン
化学物質の吸着力が高い。風通しの良い明るめな場所を好む。シルエットが可愛く、インテリアにおすすめ。

いかがでしたか?インテリアとしてでなく、保湿効果・老化予防・ストレス穏和など様々な美容効果が期待出来る「観葉植物」。お気に入りのものを見つけて、お部屋にプラスしてみましょう!
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事