敏感肌のアイケアのポイントとは?優しいお手入れでピンとした目元に

敏感肌のアイケアのポイントとは?優しいお手入れでピンとした目元に

ちょっとした刺激や摩擦で肌が敏感になりやすい方は、特にデリケートな目元のケアを慎重に行うことが大切です。皮膚が薄くて刺激を受けやすい目元のお手入れを丁寧に行い、目の周りのシワやたるみを防ぎましょう。アイケアのポイントをお伝えします。

敏感肌のアイケアは、アイクリームの選び方が大切

目元は特にデリケートな部分であるため、敏感肌さんはより慎重に優しくアイケアをする必要があると言われています。

まず、擦らないように洗顔をしたら、化粧水と美容液ので肌を整えておきましょう。そして、一般的な保湿クリームよりも、保湿力が高くデリケートな目元のことを考えて作られたアイクリームを使うことをおすすめします。アイクリームは敏感肌用のものや、アルコールなどの刺激となる成分が含まれていないものがいいでしょう。

敏感な目元のケアには薬指を使った、温めマッサージがおすすめ

アイクリームを出すときには、目元に直接乗せるのではなく、力が入りにくい薬指に真珠1粒程度のアイクリームをつけて、両方の薬指で軽く馴染ませるように温めておきます。 温めて伸びを良くしておくことで、アイクリームの浸透力が高まりますよ。

そして、薬指の腹を使いながら目頭から目尻にかけてアイクリームを伸ばしましょう。アイクリームを伸ばしたら、薬指の腹で下まぶたの目頭→目の下→こめかみに向かって優しく滑らせます。

クマが目立ちやすい目の下のケアについ目が行きがちですが、たるみやくすみが目立つ上まぶたも忘れずに。下まぶたと同じようにアイクリームを薬指で馴染ませたら、目頭からこめかみまでゆっくり滑らせていき、最後に指の関節を使ってまぶたの上と下を目頭から目尻に向かって順番にプッシュしたら完了です。 

デリケートな目元のケアのポイントは、優しく丁寧に毎日積み重ねていくこと。乾燥しがちな目元にしっかり化粧水や美容液で潤いを与えて、アイクリームで滑りを良くしてマッサージをしてあげてくださいね。

スマートフォンやパソコンなどの画面を長時間見て目が疲れているときには、ホットアイマスクやホットタオルを目元に当ててからアイクリームでのマッサージをすると効果的ですよ。

目元は見た目の印象を左右する!敏感な目元を優しくケア

目の下にクマやくすみ、目元に小ジワやたるみがあるだけで、見た目年齢に大きく影響してしまいます。目元の皮膚は薄くてデリケートなだけではなく、血行不良になるとくすみやクマが目立ちやすいため、毎日コツコツと丁寧なアイケアを続けてスッキリとした明るい目元を手に入れましょう!

 Profile
■監修/rnmm
コスメコンシェルジュ、日本化粧品検定1級、美容薬学検定1級、ヘルシー&フードアドバイザー。
得意ジャンルは、スキンケア・フェイスケア。実践しやすい美容ケアを美容メディア等で発信している。
https://www.instagram.com/rnmms2/
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事