身体のにおいで一番気になるのは「口臭」という事実

身体のにおいで一番気になるのは「口臭」という事実


【Fromエディターズ】美容企画・・・というと、以前は見た目演出のためのメイクアイテムの最新情報や使い方、そして美肌作りのスキンケア製品やお手入れ方法が中心でした。が、昨今のビューティ業界では「健康」や「インナーケア」の情報が多く、しなやかな美しさを手に入れるためにはそれこそが必要!という流れになってきています。そんななか、最近キャッチした美容情報が「におい」ネタ。夏に向けて、体臭は誰もが気になるところですが、実は一番気になっているのが「口臭」だとか。その実態をご紹介します。

Licensed by Getty Images

女性の健康力向上と活性化に貢献している『ウーマンウェルネス研究会』が口臭に関する調査を行ったところによると・・・。気になる体のにおいの1位は、自他ともに「口臭」という結果になったそう。そして、スマートフォン長時間使用者は、口臭自覚経験率が高く、年齢とともに口臭の不快度も上昇するとか。

Licensed by Getty Images

そもそも口臭には、歯周病や糖尿病など病気によるものもありますが、個人差はあれ、誰もが病気によらない生理的口臭を持っているもの。そしてこれは、口内に生息しているさまざまな菌が食べカスなどを分解する時に発生するにおい。そしてその発生場所はオーラルケアの届きにくい「舌」。通常、唾液の働きで菌が流され、口内は清潔に保たれますが、唾液が減少すると菌がかたまりやすくなり、不快なにおいの原因となる「スカトール」などの悪臭成分が発生してしまいます。そのため、唾液が少なく、舌苔の量が多い人ほど口臭が強くなりやすい傾向にあるとのこと。そこで今、注目されているのが、スマートフォンを使っているときの、うつむき加減の姿勢や咀嚼筋のこわばり、画面へ集中することで続く緊張状態・・・なども口臭の増加につながっているとも。

Licensed by Getty Images

この口臭をセルフケアで緩和させるためには3つのポイントがあるそう。
①泡ハミガキを舌の上に直にのせて舌苔ケア
➁スマホ口臭には背伸びと舌の体操
③朝食はよく噛んで唾液を分泌 

自分ではなかなかわかりにくい口臭だからこそ、きちんと日々、ケアしなければ・・・と気持ちを新たにいたしました。(GINGER編集部 WATANABE)

関連キーワード

関連記事