むくみや冷え性の改善に!とうもろこしの美容効果がスゴイ!

むくみや冷え性の改善に!とうもろこしの美容効果がスゴイ!

鮮やかな黄色が印象的な「とうもろこし」。食卓はもちろん、縁日などでも目にする機会が多いので夏のイメージがある野菜ですよね。そんなとうもろこしですが、むくみや冷え性の改善に有効な栄養素を含んでいます。その美容効果に迫ります。

栄養素に注目!とうもろこしでむくみや冷え性が改善?

日本では、夏野菜のイメージのある「とうもろこし」ですが、実は海外では主食として食べられるほど、とてもポピュラーな食材です。そのまま食べたり、トルティーヤの生地として用いられることもあるのだそう。

日本でも朝食として食卓に並べられるコーンフレークも、いわずもがなとうもろこしが原料です。ほかにもポップコーンやコーンスターチ、さらにはコーンポタージなど、とうもろこしを原料としている食べ物はたくさん存在します。

さて、そんな馴染みのあるとうもろこしが美容に効果的というのは、やはり含まれる栄養素による働きから。なかでもむくみや冷え性の改善に効果的と言われています。

とうもろこしには、血液循環を助ける「ビタミンE」や「ナイアシン」などが含まれていて、これらの栄養素によって血管が拡張されることで、冷え性の改善に効果が期待できると言われています。

さらに穀類にしてはデトックス効果の高い「カリウム」の含有量が多く、不要な水分や汗を排出してむくみの解消にも効果的です。

むくみ、冷え性以外にも?とうもろこしの美肌効果!

とうもろこしが持つ美容効果は、むくみや冷え性の改善以外にも美容効果のある栄養素が存在します。

たとえば「食物繊維」もそのひとつ。実を包んでいる薄皮には不溶性食物繊維の一種「セルロース」が含まれています。セルロースは水分を吸収して腸の動きを活発にしてくれるのです。

また、「オレイン酸」などの便の排泄をなめらかにする働きがある成分も含まれていますので、なおさら便秘解消に効果的なんです。

さらに嬉しいポイントは、とうもろこしに「美肌効果」があること。お肌のバリア機能を保持するセラミドの原料「リノール酸」などが含まれていて、お肌の健康や潤いを守ってくれます。

何か突出した栄養素を含んでいるわけではありませんが、とうもろこしには、こうしたたくさんの栄養素がバランス良く含まれているのです。

とうもろこしの栄養素は水溶性なので、茹でるより蒸す方がより栄養を摂取しやすくなります。この夏、むくみや冷え性改善に、積極的にとうもろこしを食べてみてはいかがでしょうか。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事