シワやほうれい線だけじゃない!30代からのエイジングケア!

シワやほうれい線だけじゃない!30代からのエイジングケア!

20代の頃って、何もしなくてもそれなりにお肌のコンディションが保たれていたりしませんか。30代になってシワが出てきたり、ほうれい線が目立ちはじめたり。こうなったらエイジングケアを始めるサインかもしれません。早めの対策が、後の肌を決めますよ!

【30代からエイジングケアは必須?】シワもほうれい線も今のうちにケアしよう

30代は女性にとって、いい大人の年代です。20代の頃よりも仕事に責任があって、家族ができたり、何かと環境の変化も激しい世代です。

実はこれ、お肌にも言えることで、30代はこれまで隠れていたシワやシミが出始める年代でもあるのです。

自分が笑っている写真で、目元の小ジワが目立っていたりすると、友達にもシェアしずらいでよね。小ジワが出始めたら、エイジングケアをスタートさせるサイン。

「まだ大丈夫でしょ」と思う人がいるかもしれませんが、小ジワを放っておくとやがて深いシワになります。目元の皮膚はとても薄いので、ケアは重点的に行う必要があります。

目元の小ジワのケアにはクリームがおすすめです。目元を保湿することで集中的に小ジワをケアできます。

【30代からエイジングケアは必須?】シワとほうれい線は保湿が重要!

ほかにエイジングケアを意識したいパーツは、口元のほうれい線。笑ってもいないのに刻まれてしまったほうれい線は、顔の印象を大きく変えてしまいます。老けて見られないためにも、ほうれい線のケアは大切です。

ほうれい線はクリームなどの保湿も重要ですが、平行してリフトアップも欠かせません。ほうれい線ができているということは、口元の「ハリ」が無くなってきている証拠。顔の筋肉を鍛えてたるみを予防、改善できれば、ほうれい線を薄くすることも期待できるでしょう。

繰り返しになりますが、シワ、ほうれい線、いずれも保湿が重要です。肌が乾燥してしまうと、ターンオーバーが正常なサイクルで行われません。それだけ肌を乾燥させることは、老化を招くことにつながるということなのです。

そして睡眠や食事にも注意しましょう。30代の夜更かしは肌や体調への影響が大きすぎますし、栄養バランスを無視した食事は、年代的にも避けたいところ。体の中で分泌されるホルモン量も20代の頃に比べるとだいぶ減っていますから。

仕事もプライベートも、そして肌も。活き活きと充実した30代にしていきましょう。
■この記事は編集部&ライターの経験や知識に基づいた情報です。個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用・ご判断ください。

関連記事